経理方法、クラウド会計

1/3ページ
  • 2019.05.14

簿記を勉強しても数字を読めるようにならない

お客様とお話していると「簿記が分からなくて・・」「簿記って難しいですよね。」「簿記くらいやっておいたほうがいいですか?」と聞かれることがあります。簿記検定は受ける必要無いですよ!とアナウンスしています。簿記の知識は無いよりはあったほうが良いのかもしれません。でも、フリーランスや社長がやるべきことではないと感じます。数字の増減だったり、「なぜその数字になったのか?」と考えたり「将来的にはこうなる!」 […]

  • 2019.05.10

経費になるorならないを画一的に判断はできない

「これは経費になりますか?」「ネットでは経費になるって書いてあったのですが・・」「経費にしてもバレないですかね?」など質問を受けることが多いです。今のところ、”バレないorバレる志向”の方とお付き合いせずにいるので助かっていますが。経費になるか、ならないかは、画一的に判断できないことが多いです。三菱商事子会社時代では、交際費と会議費の判断をすることがありましたが、画一的に判断することは難しいもので […]

  • 2019.04.22

会計事務所に記帳代行を期間限定で頼むのは「あり」だと思う

記帳代行を会計事務所に依頼するのは、ずーっとお願いしなくても良いのかなと考えています。「期間限定でお願いしたい」という意思表示をすれば、話も進むでしょう。一般的な会計事務所は、ずーっと記帳代行を受けるものだと思い込んでるフシがありますので、一度「期間限定で」と話をふってみるのも手かもしれませんね。記帳代行分の顧問料を下げてもらえるきっかけにもなります。では、いったい記帳代行を期間限定で依頼するケー […]

  • 2019.04.19

手数料引かれていれば、売上に加味して経理しましょう

フリーランスの実務上の経理では、請求書を発行せずに先方からの支払通知や入金額で売上の確認をすることがあります。通帳に入金された金額が売上になるとは限りません。「利用手数料」「サービス手数料」などの名目で差し引かれているなら、手数料が差し引かれる前の金額で売上を立てましょう。例えば、Uber EatsやSkebなどからの入金は、手数料が引かれた金額が入金されています。手数料をきちんと経理しないと消費 […]

  • 2019.04.15

レシートや領収書が少ないフリーランス・会社は利益が出る法則

経験上、レシート類が少ないフリーランス・会社は利益が出る体質だと感じます。単純に「レシートが少ない=経費が少ない=利益が出る」というものではありません。とにかく会計がシンプルです。お客様が「うちは経理がシンプルだからね」と仰っていて、事実シンプルだと利益は出ています。経理のシンプルとは、経理へのスタンスの問題だと考えています。「経理は面倒だし、どうせならやりたくないもの」でしょう。そのままではいつ […]

  • 2019.04.09

使用頻度が高い切手・チャージ代金の経理処理

よくある質問で、”切手・印紙の購入の経理処理”と”Suicaやパスもへのチャージについて”があります。通信費や交通費は、損益計算書(P/L)全体の数字で判断すると小さいものですが、少額だからといっても注意しておいたほうが良い論点もあります。「切手・印紙の購入時と決算時の処理」「Suica、パスモへのチャージ時点の処理」について記載していきます。

  • 2019.04.03

家事按分を毎月処理しておくと正確な数字を把握できる

フリーランスの方は3月に確定申告をして一安心している頃でしょうか?とはいえ2019年も3カ月が経過して、すでに4月です。経理のほうを進めましょう!税理士に依頼するにも、年末や翌年の2月頃にお願いするよりは、今から依頼するようにしましょう。期限ギリギリの仕事を受けない税理士もいますし、割り増し料金を設定することが一般的だからです。話が少しそれましたが、今日の話は「家事按分を毎月やるのがおススメ」とい […]

  • 2019.03.27

月々の経理にはカード明細で入力したほうが速いしダブらない

経理方法をお客様にお話する際、「カード明細に何を買ったのか記載して、レシートは保管をお願いします」とお伝えしています。その方が経理が効率化できると考えているからです。税理士に丸投げだとお互いに苦しくなるので、送っていただきたい資料をきちんとお伝えするよう努めています。以前勤めた会計事務所では、会計事務所を保管倉庫だと思っているのか、要らない資料をたくさん送られて困りましたね。

  • 2019.03.20

領収書をまとめたりexcelに記録することも「自分で経理」です!

「弥生会計、freee、MFクラウドに自分で入力」=「自分で経理」という公式は当たっている部分もあれば、当たっていないこともあります。自分である程度正確に会計ソフトに入力できるかたは、数字や簿記センスがあるのでしょう。そういう方もいらっしゃいます。実際に私のお客様でも、そういう方もいらっしゃいます。ですが、そのような方はごく少数だと感じます。会計ソフトに入力できなくても、「資料を見やすくまとめてお […]

  • 2019.03.06

本気で感謝・期待してくれると自腹でおごってもらえる?

やや偉そうなタイトルになってしまいました。三菱商事子会社時代に上司や先輩から経費を使ってご馳走してもらっても嬉しくないなと感じることが多かったです。生意気な意見かもしれませんが。経費を使っておごってもらうよりも、割り勘だったり、傾斜負担にしてくれればいいのに、と思うことも。期待してかわがってくれた上司は、自腹でランチ代を出していただいたり、開業祝いにスイーツを一緒に食べたりもしました。

  • 2019.03.02

ネットバンクの法人口座作るのに携帯電話NG!りそな銀行と住信SBIネットを選択

法人口座を開設するにあたり電話番号を記載する箇所があります。携帯電話の番号がNGな銀行とOKな銀行があります。自宅に固定電話も無いですし、携帯電話(スマホ)1つだけ使ってます。今のところ、2代目のスマホを持つことは考えていません。わざわざ050や03を取得するのがめんどくさく携帯電話でOKな住信SBIにしました。実際の店舗がある銀行は、りそな銀行でも口座開設しました。

  • 2019.03.01

社宅の個人負担分の会計処理、消費税の取り扱い

節税対策としての側面もある社宅の利用。大企業でも社宅制度があります。会社名義で社宅契約をすると、一部会社の経費とすることができます。社宅制度における消費税の取り扱いや計算方法について触れていきたいと思います。私の経験では、会計事務所時代には社宅制度なんてものはありませんでした。三菱商事子会社では社宅制度はありましたが、利用できる人とできない人がいたようで、不満を持つ方もいましたね。

  • 2019.02.27

決算の組み方!貸借対照表(B/S)重視で進めるとスムーズ

決算を組むときは貸借対照表(B/S)から固めましょう!税金計算に直結する損益に目が行ってしまうかもしれませんが、B/S重視です。税理士試験では「実務上の決算の組み方」みたいな話は出てこなかったです。実務に出てから先輩、上司から教わりました。実務に出て初めて「決算組んでみて」と言われ戸惑ったことを思い出しました。小さい会社の決算であっても、決算を一人で組むことは大きな経験です。上場系の企業では、一人 […]

  • 2019.02.18

家計費、個人事業主(フリーランス)、会社の領収書の管理方法

レシートの管理方法に「これ!」という正解はありません。正解が無いからこそ、自分なりにアレンジでき、やりやすい方法で管理していきましょう。私は、家計費、個人事業主(フリーランス)、会社の3つのレシート管理を毎日しています。毎日ってめんどくさそうに思われるかもしれません。逆に毎日管理しないとレシートはたまるばかりで、混乱のもとなので毎日管理しています。

  • 2019.02.06

電話加入権の除却損・評価損はできるのか?

電話加入権は、貸借対照表にずーーーーっと残っています。三菱商事子会社時代に上司から「電話加入権を経費で落とせないの?」というやり取りがありました。会計上は評価損なりで営業外費用とし、税務上は申告調整する方法もありましたが、実際に電話加入権を利用している事実があり、評価損を計上することはしませんでした。

  • 2019.02.05

個人事業主(フリーランス)が現金主義から発生主義に変える方法

青色申告の要件に「発生主義」があります。現金のやり取りが発生してなくても、売上や仕入を計上することになります。いわゆる掛け取引です。売掛金、買掛金というやつです。確かに現金主義のほうが馴染みやすいのは確かです。現金主義のイメージは、家計簿やお小遣い帳です。現金主義で日々経理しつつ、確定申告で発生主義に修正する方法を紹介したいと思います。

  • 2019.01.09

鵜呑みにしてはいけない武勇伝「〇〇して税金を安くした」

日本人の性格なのでしょうか。他の人がやっていることは、自分もやってみたくなる性質。「赤信号みんなで渡れば怖くない」や沈没している船から客を逃がすのに「みんな逃げています!」と説明すると逃げ始めるなんて笑い話もあったりしますね。ただ税金の世界で、他人の武勇伝を聞いて赤信号(脱税)を無視するのは怖いです。

1 3