フリーランス・一人社長の税金

1/4ページ
  • 2020.01.11

記帳代行で税理士に通帳見せたくないなら事業用通帳を作っておくと良い

フリーランス(個人事業主)の方でプライベートの入出金が記帳してある通帳を記帳代行で税理士に見せるのに抵抗がある方もいるようです。 こちらもすべての通帳を見たいわけではないので、どちらでも良いかなという思いもあります。 プライベートの通帳を見せたくないなら、事業用の通帳を作っておきましょう!   プライベートの通帳に売上の一部が入金されている このケースは、プライベートの通帳を見せていただ […]

  • 2020.01.10

フリーランス(個人事業主)の売上と雑収入

フリーランスの方が売上と雑収入のどちらの科目を使うのか迷うこともあるでしょう。 どういう使い方をしている人がいるのか書いてみます。 事業所得の計算上、売上として処理しても、雑収入として処理しても税金には関係ありません。 ちなみに雑収入と雑所得は違うものです。 独立前を雑収入で独立後が売上 いきなりフリーランスとして活動して、売上が上がる方もいるのかもしませんが、やはり独立前から副業としてやりつつ「 […]

  • 2019.11.29

確定申告して住民税を自分で払う意識と住民税の納付パターンを試してみた

出産などで医療費控除があったり、副業があったりしてサラリーマン時代から確定申告をしていました。 さらに、副業がバレるのは住民税からなので「自分で納付」を選択していました。 結果的に、住民税を自分で納付しておいてよかったと感じています。 税金を払う感覚を味わえる 税理士としてお客様やブログでも「痛いですけど税金払いましょう」と言っています。 独立する前には、税金を自分で払うことはまず無いでしょう。 […]

  • 2019.11.28

税務署から「確定申告書の見直し・確認」という手紙が届いたら

税務署から「確定申告書の見直し・確認」という手紙が届いて驚いている方もいるでしょう。 税務署は怖いイメージもあるかもしれませんが、きちんと納税している方や納税しようとしている方には優しいですよ。2月には税務署で確定申告について無料で相談なんかもしてくれますしね。 まずは電話してみる 手紙には税務署の担当部署・担当者の方の名前が記載してあります。 まずは電話してみましょう! 繋がるまでめんどくさいで […]

  • 2019.11.20

消費税を納税しないとき(免税事業者)から将来の消費税を貯めておく

消費税は、2年前の消費税がかかる売上が1,000万円を超えていれば、今期(今年)消費税を納税することになります。 個人の方で、2017年の売上が1,000万円を超えていると、2019年に消費税を納税します。 ※実際に納税するのは2020年3月ですが。 独立したばかりの方に「順調にいけば2年後に消費税を払うことになるので、貯めておいてくださいね!」とはお伝えします。 ただ、その貯めるべき金額の目安は […]

  • 2019.11.15

「プライベートのレシートも取っといて下さい」と言わない

決算近くになって想定よりも利益が出ていると、経費を増やしたくなるものです。 ただ、「プライベートのレシートも一応取っておいてください」ということはお伝えしていません。 その理由について書いていきます。 ユーチューバーや漫画家のようなクリエイターがキティからインスピレーションを受けたり、ブロガーがサンリオピューロランドについて書けば、少しは?経費になるのでしょうけども、私はプライベートで行きました。 […]

  • 2019.11.08

「赤字だから税金(所得税)還付ですよね?」は時と場合による

事業を営んでいる方から「今年は利益出てないから税金は還付ですよね??」と質問されることがあります。 例えば、去年も飲食店をしていて、今年たまたま利益が出ていないだけなら、税金が還付されることは無いでしょう。 還付になる可能性があるケースについて書いていきます。 独立1年目の人は還付の可能性がある 独立した方から「赤字だから税金って還付ですよね?」と言われることがありました。 それはあり得る話ですね […]

  • 2019.10.28

振替納税で納税忘れを避けましょう

確定申告書を提出して「やれやれ・・」としているうちに納付を忘れてしまうのはイヤですよね・・ 振替納税をしていれば、確定申告書を提出すれば4月20日ころに引き落としされます。 本来3月15日に納付するものを1カ月近く後ろ倒しできるので、キャッシュフロー的にも助かります。 まだ、手続きしていない方は早めに対応しておきましょう!

  • 2019.10.23

フリーランス(個人事業主)の年間納税スケジュール

フリーランスになったばかりの方は、「いつ税金を支払うのか・・」と不安になるでしょう。 実際、そういった質問が多いです。 主に所得税、住民税、消費税、個人事業税、償却資産税といった税金を支払うことになります。 所得(利益)や業種によっても違ってきますので、挙げた税目全てを支払うこともありますし、支払わないこともあります。

  • 2019.10.08

フリーランスは、年末に駆け込みで経費を使わなくても大丈夫かも

2019年も残ることろ3カ月を切りました。 フリーランスの方は、経理進んでいますでしょうか?? 今までご自分で確定申告していて、「今年から税理士に頼もうかな」と思っているフリーランスの方がいたら、早めに動きましょう! 年明けは、税理士業界的には繁忙期になります。新規の方を受け付けない事務所もでてきます。 だからこそ、確定申告を税理士に依頼する方は早めに動きましょう。 今回のブログは、会計ソフトに経 […]

  • 2019.09.26

フリーランス(個人事業主)の受取利息、支払利息の処理

フリーランスの方の利息について書いていきます。 メインは、支払利息についての処理についてです。「創業融資の利息」「貯金担保自動貸付の利息」「自動車ローンの利息」 ※ブログの内容に関係ないのですが英語で「利息」はInterestだったことを思い出しました。”興味深い”とか”おもしろい”という意味もありましたね。調べてみると”愉快な”というニュアンスではないですが・・ 大学受験の英語では「Intere […]

  • 2019.09.10

未払残業代を支給した場合の経理処理

1日8時間、週40時間という法定労働時間が当然になっていますが、時代の流れとともに変化しています。 (厚生労働省のHPの一部参照) 法定労働時間 昭和22年(1947年) 週48時間 昭和63年(1988年) 週46時間制(週40時間を目標化、猶予措置:週48時間制) 平成3年(1991年) 週44時間制(猶予措置:週46時間制、特例措置:週48時間制) 平成6年(1994年) 週40時間制(猶予 […]

  • 2019.09.06

どうやって経理したら良いのか?ポイント値引き、事業用の書籍を売却

経理していると「こういう場合ってどう経理していけばいいのか?」と迷うことがあるかもしれません。 今回は、”ポイントで値引きしてモノ買ったとき”、”事業用の書籍を古本屋に売ったとき”、について見てきます。 ポイント値引きで購入の経理処理 モノを購入するときに、ポイント値引きをした場合には、ポイント値引き後の金額で経費処理しましょう。 レシートによっては、値引き前の金額が大きめのフォントで […]

  • 2019.09.05

請求書、領収書にハンコがない場合、経費は認められるのか?

ハンコが押されていない請求書や領収書をもらうことがあります。この場合、「きちんとハンコがあるものを押してもらう必要があるのでしょうか?」「メールからプリントアウトしたものでいいのか?」といった質問を受けることがあります。ちょっとハンコとは違いますが、「レシートや領収書をもらえなかったり、紛失してしまった」という質問もありますね。その辺りについて書いてきます。

  • 2019.08.31

フリーランスの支払調書のあれこれ

支払調書の交付義務はない 給料をもらっているときに交付される「給与所得の源泉徴収票」は、会社から個人に渡す義務があります。 一方、フリーランスがもらうことの多い支払調書ですが、会社としては、フリーランスに発行する義務はありません。 会社から交付される支払調書は、あくまで好意ですし、もらえなかったとしても文句は言えません。 過去に、講師やインストラクターとしてフリーランスを多く使っている会社を見させ […]

  • 2019.08.27

個人事業税収入等明細書提出のお願いが届いた

フリーランスの個人事業税は8月と11月に課税されます。8月に「個人事業税収入等明細書提出のお願い」という手紙都税や県税から送られてくるかもしれません。ざっくり言うと、「あなた(フリーランス)は個人事業税かかると思いますが、ちょっと分からないことがあるので、質問に回答してね!」という意味になります。個人事業税について書いてみました。   個人事業税がかかる人、かからない人 個人事業税がかか […]

  • 2019.08.21

レシートを写真撮っても捨てるのはダメ!レシートは残しておく

クラウド会計ソフトfreeeでは、スマホアプリでレシートの写真を撮って、その内容を登録することで会計ソフトへ入力することができます。わざわざPCを起動しなくても、スマホで完結するので、とても便利な機能です。ただし、注意が必要です。①レシートの写真を撮ったからといって捨てないこと、②レシート、領収書には保存期間があること、です。 レシートは捨てないで残しておく ペーパレス時代ですが、レシートや領収書 […]

  • 2019.08.20

たいていのことはググれば分かるかもしれないが税理士に質問した方が良い理由

たいていのことはググれば出てきます。調べたいことがあれば「〇〇 △△」みたいに日常的に検索しています。フリーランスの方やひとり社長の方が日々、迷ったりしたときもググれば書いてあることが多いです。ググれば分かることかもしれませんが、税理士に相談したほうが良いな感じることがありました。それは「情報や発信者が信頼できるのか?」「一つ一つググってたら時間かかる問題」です。

  • 2019.08.19

フリーランスになった妻(夫)の配偶者控除、配偶者特別控除

配偶者控除は、主婦やパートで103万の壁をイメージすることが多いかもしれません。フリーランスになった妻(夫)の配偶者控除は可能なのか?について書いていきます。便宜上、夫がサラリーマンで妻がフリーランスという設定にします。 配偶者控除と配偶者特別控除 配偶者控除の要件は、年末時点で下記の要件全てに当てはまることです。 (1) 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。) (2)  […]

  • 2019.08.16

2019年10月以降の免税事業者が出す請求書

複数税率への移行に伴い、「適格請求書等保存方式」(インボイス制度)の導入が予定されています(2023年10月)。2019年10月から2023年9月末までの4年間は、「区分記載請求書等保存方式」になります。これは、いきなりインボイス制度を導入すると混乱するリスクがあるので、4年間は簡便的な請求書でいきましょう!というものです。免税事業者のフリーランスの方から質問が多かったです。「税務署から手紙が来た […]

1 4