フリーランス・一人社長の税金

スポンサーリンク
フリーランス・一人社長の税金

フリーランス(個人事業主)が税理士に依頼する目安

フリーランス専門で活動しています。 「どうして税理士にお願いしようと思ったのですか?」と質問してみると、おおよそ下記の理由が多かったです。 消費税払うことになるから 2年前の売上が1000万を超えると消費税を払う義務が出てきま...
フリーランス・一人社長の税金

開業届の職業欄にいっぱい書いたからといって経費の幅が広がることはない

開業届に職業欄を記載する箇所があります。 私なら「税理士」と記載して開業届を提出しました。 私が職業欄に税理士のほかにインスタグラマー、ホスト、モデル、ユーチューバー(なわけないけど)のような職業を追加していたら、経費の幅が広が...
フリーランス・一人社長の税金

フリーランス(個人事業主)の開業前の経費【開業費】

フリーランスの方が開業前に使った費用を開業費といいます。 ※法人とは開業費の捉え方が変わります。この記事は個人事業主向けになります。 開業前の経費は「開業費」でも資産科目 開業前にいろいろと仕事に向けて動くことがありますよね。...
フリーランス・一人社長の税金

サラリーマンのワンストップ特例【ふるさと納税】

ふるさと納税のワンストップ特例の注意点などについて書いてみました。 ワンストップ特例の条件 1.もともと確定申告や住民税申告をする必要のない給与所得者等であること 2.年間寄付先が5自治体以内の人 【必要書類】 ...
フリーランス・一人社長の税金

所得税は103万と150万の壁、社会保険は130万の壁【パート収入に関して】

パート収入のある奥さんがいる方から、よくある質問で「103万?130万って?」というものがあります。 説明の便宜的に、パートで働くのは奥さん(妻)としています。 103万の意味 そもそも103万の意味は、年収103万を超えると...
フリーランス・一人社長の税金

税理士との契約時に解約のことについても一応質問するのが良い

税理士費用を前払いしている方は注意してほしいことがあります。 解約時に仕事をしてない部分については顧問料返金 私も基本的には年間、半年、3カ月と前払いで料金を頂くことがほとんどです。 私は、途中で解約になったとき(今のとこ...
フリーランス・一人社長の税金

年末(決算前)にレシート領収書の再捜索を!

フリーランスの方は年末が決算になります。 年末が近づいてきたら、「レシート整理しないとな~」と思っている方もいると思います。 私自身は日々経理をしているので、年末だからとレシートを整理することはないですが、レシートを再捜索しても...
クラウド会計、弥生会計、JDL

フリーランス(個人事業主)の源泉税、年金、国民健康の経理処理

フリーランス専門税理士の磯俣です。 フリーランス(個人事業主)の源泉税を差し引かれての入金、国民年金と健康保険支払ったときの経理処理について書いていきます。 売上や経費は、割とすんなり経理していくことができますが、源泉税、国民年...
フリーランス・一人社長の税金

【経営セーフティー共済】年末に駆けこみ経費を使う前に

年末が近づくとモノを購入して経費にするのに「いくらまで使って大丈夫ですか?」と質問されます。 そういうときには「本当に必要なんですか?」と逆に質問することが多いです。 ちょっと意地悪な返し方かもしれませんが。 経費でモノを買う...
フリーランス・一人社長の税金

東京都に電話すればペイジーの納付書を送ってもらえる【法人事業税】

会社の決算終了後2か月以内に、税務署・都税へ申告と納税をします。 申告する月の月初に会社の住所宛てに納付書が送られてきます。 (申告書様式を送付不要にすることも可能です。) 送られてきた納付書は、銀行で納税するものです。 ...
フリーランス・一人社長の税金

フリーランスの独立は法人(会社)を作ることではない

フリーランス専門税理士の磯俣です。 独立・開業される方からの質問で”個人VS法人”という議論があります。 私はむやみに法人を作るのをオススメしていません。 その理由について書いていきます。 法人を作る理由は節税だけではない ...
フリーランス・一人社長の税金

個人事業主本人(フリーランス)が仕事のついでに海外旅行【海外渡航費用】

フリーランス専門税理士の磯俣です。 個人事業主(フリーランス)本人が海外で仕事のついでに旅行もしたときの取扱いについて書いていきます。 せっかく海外に行ったのですから旅行も兼ねることはあり得ることかなと感じています。 仕事...
フリーランス・一人社長の税金

個人事業主(フリーランス)本人の出張旅費日当

フリーランス専門税理士の磯俣です。 節税として出張したときに日当を支払う制度があります。 会社と個人事業主では”本人”に対しての取扱いが違います。 従業員の日当 会社でも個人事業主でも、従業員に対する日当を支給したときには、旅費交通...
フリーランス・一人社長の税金

法人(会社)の売上が個人名義の口座に入金された

個人事業主で活動していたものの法人を設立をしてから、法人口座を作るまで時間がかかります。 法人口座を開設するまでの間に、個人名義の口座に振り込まれてしまうことはあります。 そういった場合に、税務的な問題はあるのでしょうか? 個...
独立・ビジョン

独立すれば自然とお客様への興味は出る

会計事務所に勤務していたときにお客様への興味が湧かなくて困っていました。 ある程度は割り切って仕事を覚える場所としていました。 勤めているときに事務所のお客様に興味がある方は、すごいなと尊敬します。 私はそういった気持ちになれるこ...
フリーランス・一人社長の税金

実家に入れるお金は経費になるのか?

フリーランス専門税理士の磯俣です。 実家で開業するフリーランスの方から受ける質問で、「家に入れてるお金は経費になりますか?」というものがあります。 月に数万円ほど入れている方が多く、家賃的な意味合いも含まれています。 親の持家にお金を...
独立・ビジョン

小さなことでも事前に提案すれば毎月会うよりも喜ばれる

コロナ以前からオンライン打合せがメインでした。 「初めまして」の挨拶はリアルで会っていましたが、コロナの影響で初対面でもオンラインが増えています。 また、時間も選ばないので21時に打合せ開始することもできます。 (お相手次第ではあ...
フリーランス・一人社長の税金

会社を設立する理由の1つ 出張の旅費日当(旅費規程)

商談などで社長本人が出張をしたり、社員に出張してもらうことがあります。「日当」についての取扱いをまとめてみます。 出張旅費日当(手当)とは 出張の際に、往復の交通費や宿泊代とは別に日当を支給すうることができす制度です。 出張旅費日...
フリーランス・一人社長の税金

社会不適合者とサラリーマンタイプの折衷

私は自分の性格は、「極端な社会不適合者ではないけど、サラリーマンタイプでもなく、中間」だと思っています。 社会不適合者とサラリーマンタイプの折衷タイプ、です。 会計事務所業界3年、上場子会社経理4年とサラリーマンをしてきました。 ...
フリーランス・一人社長の税金

期限を決めてもらえることは税理士にお願いする理由の1つ

税理士にお願いする理由の1つに「期限を決めてもらえること」があると感じています。 めんどくさい経理や確定申告はどうしても後回しになりがちです。 目の前に仕事があれば売上が上がる仕事を取りたくなるものですし、仕事の締め切りに追われていれば...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました