リスケコンサルの10万円を払えても、顧問料の3万円は払ってもらえない。付き合う人は自分の鏡みと実感。

リスケコンサルの10万円を払えても、顧問料の3万円は払ってもらえない。付き合う人は自分の鏡みと実感。
Pocket

会計事務所勤務時代、とあるお客様で10万以上のリスケコンサルには支払えるのに、3万円の顧問料を払って頂けない、という笑えるような笑えないような話がありました。

当時、私は従業員の立場でしたので顧問料が未回収でも給料は出ました。

引き受けた会社の特徴

・経理がボロボロ

・現預金の入出金を社長自身も把握、理解していない

・資料整理もしてない

・資料はこれで全部です!と言われるが決算打合せ後にも追加資料が相当出てくる

・報酬と仕事料が見合わない

・文句が多い

・用もないのにやたらと電話が多い、長い

コンサルタントは、利益率だとか売上債権回転率など、色々と専門的なことを説明してましたけど、経理関係がボロボロなので試算表が信頼できない状況でした。やっても意味あるのかなと疑問がありました。

 

赤字会社なので均等割のみでラクという考え方もできますが、上記のようなデメリットも。

何でもそうですが、メリットとデメリットは常に表裏一体なのかなと。

典型例は、組織に属す、属さないなど。

その仕事を受けるかどうか

事務所の所長は、独立当初でお金の面で受けるとういう選択肢だったのでしょう。

入れ替えていければ良かったのですが、紹介が紹介を生み、似たような状況のお客様が増えてしまった印象です。

類は友を呼ぶ、ということでしょう。

結果的に担当者レベルはすり減ります。

担当者がコロコロ変わる原因にもなりますし。

サービス精神旺盛?な所長が「それくらい、良いですよ」というセリフも頻繁に聞きました。

”損して得取れ”でやっていたそうですが、いつも損は担当者に降りかかってきました。

人を雇って、事務所を構える拡大志向では、この状況は仕方ないことだと思います。

お客様から解約の申出が無い限り、顧問関係は続いてしまいます。とりあえず売上が確保できるならと思い、関係がズルズル続いてしまいます。

しかし、いつまでも付き合うのではなく、お客様を入れ替えたりする努力は必要かと。

類は友を呼ぶ。人間関係は鏡。

そういうお客様を引き寄せてしまっていたのですが、所長に自覚は無く・・・

付き合う人は、自分の鏡であること。

相手に不満があってイライラしても余計に疲れるだけですし、今の自分の人間としての実力だと思えます。

他人は変えられないですし、自分が変わるほうが手っ取り早いです。

自分が変われば、いずれ跳ね返ってきますので、結局は自分の為にも良いです。

【編集後記】

写真は、鍋や炊飯器に入れる南部鉄器です。

鉄分を取るのに良いかと思い使い始めました。

<サービスメニュー>
税務顧問サービス
メール相談
単発の決算・確定申告のご依頼
単発相談のご依頼
プロフィール

独立・仕事観カテゴリの最新記事