中学でサッカーを離れて高校・大学はテニスにした理由

中学でサッカーを離れて高校・大学はテニスにした理由
Pocket

今日のネタは、検索完全無視で書きます。小・中学校まで続けていたサッカーを離れ、高校からは心機一転、テニス部に入りました。テニスにした理由があまりにも消去法的すぎで、当時の自分を叱ってやりたいですね。良い教訓にはなっています。「心の声に従え!」と。その後の税理士試験、就職、三菱商事子会社への転職、独立、とすべて「心の声」に従っているので、教訓は生かされていると信じています。

消極的な理由で選択したテニス

テニス部の仲間とは未だに連絡も取りあいます。先日、先輩からも「独立おめでとう」とメッセージいただきました。

と、最初にことわっておきますが、仲間とは良い関係を築けたことは財産です。

 

ですが、テニスを選択した理由があまりにも消極的な理由なので、当時の自分を叱ってやりたいですね。

その理由とは、

テニスは年とってもできるから、高校から初めとくか。生涯スポーツだし!

と消極的すぎました。

 

確かにテニスは高齢になってもできますが、体力が必要であることも事実です。

30歳過ぎてサッカーは、体力的に厳しいです。今33歳です。

ただ、35歳からシニアリーグに所属することも可能です。

ある程度、体力が落ちてきたならシニアに移行するのもありでしょう。

(実際に、LaBOLAでは、35歳未満のチームと、35歳以上のシニアのチームの両方を持っているチームがあります。)

ずーっとサッカーしたかった気持ちを整理するため、LaBOLAで現在所属しているチームを探しました。

 

まとめ

ちょっと話がそれてしまったのですが、何が言いたいのか?

それは、「やりたいなら、やってみようよ!」ということ。

少しでもやってみたいな、という気持ちがあれば、やってみる。

「やらない後悔よりもやっちまった後悔」ですね。

 

関連:私がやってた習い事!ウ〇コ踏んだ記憶も

【編集後記】

昨日は、サッカーでした。強風の中ボールがあっちこっち行って大変でした・・

【育児日記】

ふざけて朝からお風呂を入れて二人で入っていました(笑)

 

 


<サービスメニュー>
税務顧問サービス
メール相談
単発の決算・確定申告のご依頼
単発相談のご依頼
プロフィール

ライフカテゴリの最新記事