4年落ちの中古車を購入する節税策

4年落ちの中古車を購入する節税策
Pocket

節税対策として資産を購入しようと考える社長は、少なくありません。節税対策も考えているのであれば、中古車がオススメです。

※トミカ整列!

4年落ちの中古車が節税になる理由

中古固定資産を購入した場合の耐用年数は、次のケースにより計算します。

⑴法定耐用年数の全部を経過した資産

法定耐用年数×20%

⑵法定耐用年数の一部を経過した資産

(法定耐用年数-経過年数)+経過年数×20%

この計算により1年未満の端数が生じますが、切り捨てます。

 

普通自動車の法定耐用年数は6年です。

上記の算式に当てはめると(6-4)+4×20%=2.8年→2年となります。

耐用年数は2年と計算できました。

「なら2年間で償却するのか・・・?」という疑問が生じます。

国税庁の定率法償却率を確認すると、耐用年数2年の償却率は1.000となっています。

つまり、償却率100%ということです。つまりのつまり、100%経費に落とせる、ということです。

これが”4年落ちの中古車が節税になる”の理由です。

しかし、注意点があるので、注意点のところで後述します。

ちなみに3年落ちの中古車なら・・・

耐用年数は、

(6-3)+3×20%=3.6→3年です。

国税庁HPの定率法償却率を確認すると0.833です。

つまり、こちらもほぼ経費にできる訳です。

中古車の節税インパクトが分かります。

注意点

中古車の節税策は、大きいです。

ただし、これには注意点があります。

減価償却は月割り計算します。

決算月に500万の中古車を購入した場合、

500万×100%×1/12=40万をその期に費用計上します。

残額の450万は、次期に費用計上になります。

決算ギリギリに、中古車を購入する場合には節税効果は限定的になります。

【編集後記】

車のネタなのでトミカの写真を。綺麗に整列させていました!これを移動させようとすると注意されました(笑)

フリーランス・一人社長の税金カテゴリの最新記事