確定申告やっていて思ったこと

独立・ビジョン
スポンサーリンク
Pocket

確定申告書を作成や打合せを通じて、気になったことについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

「去年(2020年)は働きすぎた」という意見

確定申告書を作成して、ほとんどの方とオンライン打合せをします。

そのとき4名ほどのお客様は「去年(2020年)は仕事しすぎました」とおっしゃられていたのが印象的でした。

2020年はコロナで先行きが不透明な状況だったので、仕事があれば受けていた印象です。

オンライン中心になり交際費、会議費、交通費が減った方も多いですね。

オンライン中心で時間も増えた分、仕事を入れてしまったのでしょう。

独立するとヒマが怖いですので、よく分かります。

いったん断ってしまうと、「次があるか分からない」ですしね。

とはいえ、仕事を受けるか受けないかの基準の1つが、”数字”です。

自分の数字がある程度把握していることで、受ける受けないの判断材料の1つになりえます。

 

北海道関連のふるさと納税が多かった

北海道へのふるさと納税がダントツで多かったです。

とくに紋別市ですね。
・ホタテ
・カニ
などの海鮮食材を返礼品としてもらえるようです。

そりゃあ北海道の返礼品ならどこも美味しいでしょう!

 

また、ふるさと納税を23か所という方もいました。

 

経理の大切さを理解してもらえたこと

契約解除がありました。

・来年は収入が下がるのでお願いするほどではない
・自分でやってみる
という理由のようです。

契約解除するにあたり「毎月磯俣さんに資料を出すことで、資料を用意する大切さが分かりました」と言っていただけることがあります。

契約は切れてしまいますが、資料を用意する大切さが伝わって良かったのかなと感じます。

 

タイトルとURLをコピーしました