税理士試験後の就職説明会

税理士試験後の就職説明会
Pocket

税理士試験後にTAC,大原が開催する就職説明会があります。猛暑の中、スーツにネクタイして参加しました。

監査法人系(Big4)の大手は採用が早い

Big4系は内定出すのが早くて、試験前には採用が終了しています。

受験生当時、Big4から内定をもらった勉強仲間がいて、さらに勉強にやる気スイッチ入ってました。

大手以外なら焦らず試験後でも大丈夫

私はBig4向きではないと思い込み、応募していませんでした。

Big4以外なら試験後の就職活動で間に合うでしょう。

とはいえ、内定もらってる勉強仲間を見ると焦ってました。。。

試験後の合同就職説明会に参加すると多くの事務所がブースを出してます。

これを1つずつ回るのは無理です。

私は1社話を聞きに行くと、そのまま事務所で面接でした。当時はその事務所に入りたかったので、断ることなく面接を受けました。

でも合同就職説明会の会場から移動してしまうので、実質1社しか見れなかったのが盲点です。

合同就職説明会の後も繁忙期と言われる年内まで、継続して採用している事務所も多いです。焦りすぎないようにしましょう。

まとめ

ひとまず参加して雰囲気を確認したり、ブースの方と話すだけでも良いのかもしれません。

焦って早く就職先を決めたくなるの気持ちはわかりますが、自分の中で何を重視するのか決めておきましょう。

TACや大原だけでなく、リクルートやマイナビにも求人出してる事務所もありますので、そちらにも登録しておくと良いです。

【編集後記】

モスが毎日、何かしら書いているので、それが楽しみでもあります。

 


<サービスメニュー>
磯俣周作のプロフィール
‣税務顧問サービス  
‣ライトプラン税務顧問
‣クラウド会計導入コンサル
‣年1決算・確定申告サービス
‣単発相談のご依頼

独立・仕事観カテゴリの最新記事