犬を前かごに乗せたいので買ってみた【RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ドギー】

日記
スポンサーリンク
Pocket

リクセンカウルの前かごを使っています。
我が家のフレブル(8キロ弱)は、これに乗って出かけています。

便利です。

犬を入れられるリュックタイプも持っているのですが、リュックに入れるのがちょっと面倒です。

前かごであれば、リードをしてササっと入れて移動できます。

スポンサーリンク

見た目以上には頑丈っぽい

買ったときは「これで大丈夫なのかな?」と心配になりました。

自転車とワイヤーで括り付けいるだけではあるので。

ブラブラしてしまうのではないかと心配していました。

ですが、ワイヤーをきちんと締めていれば問題ないようです。

といいつつ怖いので前かごに乗せるときはリードを付けて、ハンドルにぐるっと巻きつつ、私のリュックに結びつけています。

今のところヒヤッとしたことはありません。

 

カバーはしなくなった

写真のようにカバーはしていません。

お出かけが楽しみ過ぎて、カバーを「外せ!外せ!」と突き破ってくるからです。

だったらカバーは外してしまおうという感じになっています。

Amazonの写真のようにお利口にお座りしてくれる犬なら良いのかもしれませんが。

 

外側のポケットに夏は保冷剤

外側にあるポケットは使っていません。

使うほど収納力のあるものでもない気がします。

我が家では真夏に保冷剤を入れるためにポケットを使っています。

とはいえ、20分くらいすると溶けてしまうので、付け焼き刃ではありますが、何もしないよりはいいかなと。

 

リュックタイプのように背中の負担はない

オハナは8キロ弱でフレブルの中では軽いほうです。

それでも8キロを背負って、自転車をこぐのは背中が疲れます。

あとオハナは前が見えなくてつまらないかも・・

※とはいえリュックタイプにもメリットはあります!

気軽にササっと自転車移動でいるのは、リクセンカウルのメリットだと感じます。

 

日記
スポンサーリンク
磯俣周作をフォローする
スポンサーリンク
個人事業主(フリーランス)専門税理士 磯俣周作 合同会社磯俣office
タイトルとURLをコピーしました