WPIとWPCプロテインの比較【一般人はWPCで良いのでは?】

日記
スポンサーリンク
Pocket

WPIプロテインを飲んでいましたが、WPCも飲んでいます。
どっちが良いのか悩みましたが、値段、自分の運動の観点からWPCで良いと思うようになりました。

 

スポンサーリンク

そんなに変わらない?

質はそこまで変わらないと感じます。

下記は、タンパク質、炭水化物、脂質、食塩相当の違いです。
これ以外の必須アミノ酸、非必須アミノ酸には数字上に大差がないと感じました。

100グラム当たり WPI WPC
タンパク質 89.26g 76.4g
脂質 0.22g 6.3g
炭水化物 1.77g 8.8g
食塩相当 0.92g 0.41g
値段 8,200(3キロ) 5,600(3キロ)

※ニチガプロテイン

気になるのはタンパク質量と炭水化物でしょうか。

ただWPCもホエイプロテインではあるので、私は気にしていません。

某メーカーのプロテインに含まれる炭水化物量を確認しましたが、100gあたり12gとそれよりは低いので良いかなと。

私は発想を変えて、だったらもう少し糖質を控えてもいいかなと思ってはいます。

ガチガチのアスリートではないので、一般人は気にせずWPCで良いと思いました。

乳糖不耐症の方はWPIのほうがいいです。

ジム運営者のブログなど見てみると、WPCは不純物(脂質、炭水化物)が多いと書いてあるので、筋肉作りたい人には不向きかもしれませんね。

 

値段的に1日3回飲める

WPIを飲んでいた時には1日2回でした。

テニスやサッカーした日は3回。

WPCにしてからは、毎日3回飲んでいます。
テニスやサッカーしたときにはWPIに変えたりと。

まあ、そこまで差を感じません・・(笑)

 

 

上記の値段差は、3キロで2,600円ですが、1キロ(1袋)だと800円です。

毎日飲むものなので、日に換算すると大した金額ではないものの、確実に毎日飲んでいくので”ちりつも”です。

心理的に気軽に1日3回飲めるのようになったのは、嬉しいです。

鉄分とタンパク質の摂取量を増やしたら、糖質制限できた

ニチガの WPIホエイプロテインが飲みやすい

日記
スポンサーリンク
磯俣周作をフォローする
スポンサーリンク
個人事業主(フリーランス)専門税理士 磯俣周作 合同会社磯俣office
タイトルとURLをコピーしました