あっちの税理士のほうが安く「やってくれる」?

あっちの税理士のほうが安く「やってくれる」?
Pocket

税理士の顧問料は3万円~5万円/月+決算料が相場とされています。3万円よりも低価格で打ち出している会計事務所もありますね。

あっちのほうが安く「やってくれる」

勤務時代、「安くやってくれる会計事務所が見つかったので」という理由で解約がありました。

リスケコンサルが贔屓にしている税理士に替えただけだった、というのが実情かと思いますが。。

【参考:・リスケコンサルの10万円を払えても、顧問料の3万円は払ってもらえない。付き合う人は自分の鏡みと実感。

当時の仕事は、いわゆる記帳代行でした。

資料をお預かりし、会計ソフトに入力し、訪問(毎月又は各月)するものです。

会計事務所側の仕事に価値を見出してもらえず、さらに安くやってくれるとこが見つかった、ということでしょう。

「安くやってくれる」とは一体どの程度までやってくれるのか疑問でした。

いわゆる安い会計事務所から変更で、売掛金や買掛金などの貸借対照表の科目がマイナスというお客様に高確率で遭遇します。

「やってくれる」のレベル感をどこに求めるのかになります。

申告さえしてくれればOKというスタンスなら、事例のような安い会計事務所で問題ないかと。

 

しかしながら、きっちりお金の管理も含めて事業の数値をつかんでおきたい方であれば、事例のような会計事務所にお願いするのはリスキーです。

売上規模にかかわらず、きっちり税務会計的な確認をしていく必要がありますので、安すぎるのは何かを省略している可能性が高いです。

顧問料、月に10万円は高いのか安いのか

相場として月に10万円は”高い”分類です。

じっさいにはお互いの合意ということろだと考えています。

請求書の発行、給与計算、記帳代行、毎月訪問(2時間/回)など経理業務のアウトソーシングであるなら、10万円は安いのではと感じます。

また、記帳代行はなくても資本金が億単位で利害関係者が多い会社の顧問料も、色々と神経を使うので10万円でも高くはないのかなと感じています。

 

【編集後記】

写真は自宅玄関です。ちょっとした植物でも雰囲気が変わって気持ちよくなりますね。

【育児日記】

兄:朝目を覚ますとそーっと寝室を抜けてリビングで映画を観ています。私が「なんかTVの音がするな」と目を覚ますと、着替えて映画を観ていました。

妹:ドン・キホーテの水槽に大きな魚がいました。怖がってしがみついていました。

独立・仕事観カテゴリの最新記事