税理士試験前に就職先が決まらず焦っているなら、出戻りも選択肢の一つ

税理士試験前に就職先が決まらず焦っているなら、出戻りも選択肢の一つ
Pocket

最初に勤めた法人で最終挨拶で「またいつでも戻ってきて」と声をかけられ、”それは無い”と心の中でつぶやきました。とはいえ、税理士業界なら出戻り就職も「あり」だと思います。

採用側のメリット

元々居た人なので、仕事ぶりや人間性が分かります。

事務所独特のルールや、ソフトの使い方をゼロから教える手間が無いですし、どのくらい戦力になってくれるのか計算できます。

新規採用は、2回ほどの面接では不明確な部分が残りますし。

リクルート費用をかけなくて済むのも大きいでしょう。

一般企業経理では、派遣社員として来てもらい、後々正社員とするやり方がありました。

しかし、会計事務所業界では、見たこと無いやり方です。(あくまで私の経験上)

元従業員側のメリット

どんな事務所か分かった上で戻るという選択ができます。

戻るに当たって注意することは、

・勉強中の方は、勉強時間の確保

・年収の再確認

です。

前に在籍していたときと同じ条件では、何らかの不満があり退職しているので、譲れない点は主張しておきましょう。

特に勉強中の方は、新しい事務所で環境の変化があるよりも、慣れた環境に戻るほうが負担は少ないでしょう。

勉強時間の確保が最優先の方は、特に出戻りのメリットは大きいでしょう。

会計事務所業界的に

会計事務所業界も他業界と同様に、人手不足です。

この状況であれば、事務所側も出戻り社員に「NO!」とは言えないでしょう。

考えた上で出戻りがベターということであれば、それで進みましょう。変な感情を入れることなく自分の将来を選択してほしいです。

【編集後記】

2018年は6月末時点で梅雨明け。暑いのでベランダで水遊びしました!2時間も。


<サービスメニュー>
税務顧問サービス
メール相談
単発の決算・確定申告のご依頼
単発相談のご依頼
プロフィール

ライフカテゴリの最新記事