鉄分とタンパク質の摂取量を増やしたら、糖質制限できた

鉄分とタンパク質の摂取量を増やしたら、糖質制限できた
Pocket

糖質ゼロと書いてある商品も多く、興味ある方も多いかと思います。妻が鉄不足(かくれ貧血)ということで、一緒に鉄分とタンパク質を増やしたことろ、糖質を以前ほど欲しがらなくなりました。

※としまえん近くのカフェ(old kitchen)にて

以前までの食生活

糖質制限は我慢するものだと思っていました。

以前の食生活は、3食の他にも糖質中心の間食が多かったです。

6:00 朝食

10:30 せんべい2枚ほど

12:00 昼食(ライス大盛無料なら、かならず大盛)

15:00 おやつに甘いお菓子

19:00 夕食

21:00 甘いもの

1日に3回おやつタイムがありました。

172センチ60キロというやせ型なので、そこまで大きい問題ではないと思ってました。

糖質制限は我慢するものだと思っていた

「糖質制限」と聞くと、ストイックに頑張るものと感じる方が多いでしょう。

何しろ制限する訳ですから。

私は、確かに頑張ってパンを止めようと、パン屋さんに寄らないようになど工夫はしてました。

しかし、やせ我慢でした。本当はパンを食べたいけど、我慢して食べたい欲求と戦ってました。

結局、欲求には勝てずに・・・

タンパク質と鉄分の量を増やしたら、おやつの回数がゼロになった。何よりも糖質を欲しがらなくなった

妻がタンパク質不足と鉄不足を医師から指摘され、アドバンスフェロケルを勧められました。

以前の食事は、ライスや麺が多くタンパク質が不足していました。

余談ですが、筋肉量を増やしたいと思い、パーソナルトレーニングのカウンセリングを受けた際、コーチの方から「もっとタンパク質を取ってください。タマゴ1日に3個です!!」と言われました。

当初、大袈裟な・・・(笑)と思ってましたが、タンパク質あっての鉄です。

鉄をサプリで接種しても、それを受け止めるにはタンパク質が必要です。

今のところ、タンパク質についてはプロテインではなく、肉と魚などを増やして対応しています。

鉄サプリは、Amazonで購入可能です。

おやつを食べる必要がなくなり、血糖値の乱高下が減った気がします。

甘いもの食べた時は、瞬間的に力を出せるのですが、その後切れてきて、おやつを食べていました。

今では、その悪循環は断ち切れました。

たまには食べたいなと思うことはありますけど、毎日3回おやつがあった時と比較したら、凄い変わりようです。

2019年2月にフェリチン値を計りました。

160でした。藤川先生は100以上目標なので、私は全く問題ないということでしょう。

【編集後記】

私は原則24時までには必ず寝ます。原則があれば例外があります。ロシアW杯期間中で、例外が続いています。。睡眠不足が続く、睡眠負債が積み重なってしまっている状況です。夕食後にソファで寝落ちしました。メガネを娘に取られたことすら、気付かず・・・

集中力などが明らかに落ちるので原則に戻します!!


<サービスメニュー>
磯俣周作のプロフィール
‣税務顧問サービス  
‣ライトプラン税務顧問
‣クラウド会計導入コンサル
‣年1決算・確定申告サービス
‣単発相談のご依頼

ライフカテゴリの最新記事