インフルエンザ予防接種の会社負担分は福利厚生費

インフルエンザ予防接種の会社負担分は福利厚生費
Pocket

インフルエンザ予防接種は多くの会社では、全部または一部を会社負担しています。
予防接種代金が常識的な金額であり、全ての役員従業員に受ける権利があれば、福利厚生費として処理します。
きちんと”全社員が受けられる”という社内文書や規定を作成しておきましょう。

会社が全額負担

会社が負担全額は、「福利厚生費」となります。

消費税は、課税仕入です。

病院の診察は「非課税」扱いですが、予防接種は診察ではなく医療行為ではないので、非課税とならず課税で処理します。

会社一部負担(従業員も負担分を給与天引きする仕訳)

会社が負担した金額は、「福利厚生費」として処理します。

消費税は、課税仕入となります。

従業員負担がある場合の処理です。

 

例えば、

総額4,000円の予防接種を従業員負担1,000円分を給与天引きの処理は、

いったん総額で

(借方) 金額 (貸方) 金額
福利厚生費 4,000 現金預金 4,000

と処理し、

次に給与天引時、

(借方) 金額 (貸方) 金額
給与 300,000 預り金(所得税、住民税、社保) 30,000
福利厚生費 1,000
現金預金 269,000

とするのも一方です。

 

医療費控除の対象ではない

ちなみに、従業員が一部自己負担していますが、これは医療費控除の対象にはなりません。

気持ちは分かるのですが・・・

医療費控除の対象は、あくまで”治療目的”であるかどうかです。

 

【編集後記】

 

 

 

【育児日記】

兄:ストライダーをしていたので、自転車の補助輪を外しても結構乗れています。

妹:兄が自転車に乗っているので、自分も乗れるものと思っているので、なだめるのが一苦労です(笑)

経理方法、クラウド会計カテゴリの最新記事