ホワイトテリアとパグを飼ってるけど、最初に飼うならパグがオススメ

ライフ
スポンサーリンク
Pocket

ホワイトテリア(1998年~2011年)を飼っていました。ホワイトテリアの晩年にパグも飼い始めました(2009年~)。

ホワイトテリアは飼うのが難しかった

テリアは気難しい性格なのか飼うのが難しかったです。
初めて飼う犬としてはオススメできないかもしれません。

家族と一緒の時は陽気で遊び好き、好奇心旺盛で活発ですが、見知らぬ人や動物には警戒心を示しますので、番犬の役割を進んで果たします。
勇敢で負けず嫌いな典型的なテリア気質で、自立心が強く、売られたケンカを飼うこともあります。ふだんは落ち着いた性格の子でも、どうしても気に入らない相手には攻撃的になることもあるようです。
信頼できる飼い主には強い忠誠心をもちますが、同時に甘えん坊でもあり、わがままで飼い主を手こずらせることもあります。しかし、そこを魅力と感じて、この犬種を愛好する飼い主も多いようです。
(※みんなの犬図鑑より)

1頭目にパグで2頭目にホワイトテリアという順番だったなら、上手く飼うこともできたのかな~と思うこともあります。

昼も夜でも関係なく、外歩いてる人の音が聞こえると吠えてました。
日中、窓から外を見て警備しているようでした。
玄関に人が来ると吠えて追い立てようとしていましたね。

散歩もほとんど歩きませんでしたね。
それでも、自宅に戻るときはしっかり歩くので、抱っこや自転車で連れて行き自宅に戻ったりしていました。
散歩中にネコに出くわして歩み寄っていくとネコパンチを食らいましたが、それでもひるむことなく近寄っていました。

ご飯を食べているお皿にご飯を追加しようとしたら、警戒して噛まれそうになったり唸られたこともあったり。

冒険心が強いのか、屋上の柵を下からくぐったりしていました。(落ちたら間違いなく死にます・・)
また、雪が降る日に玄関から勢いよく飛び出し、他の人の庭に入ったりしたこともあります。ホワイトテリアなので、雪と同化してしまいどこにいるのか分からなくなってしまうことがありました。

色々と書いてきましたが、私が飼っていたホワイトテリアは
・わがまま
・散歩歩かない
・他人によく吠える
・勝手に玄関から飛び出そうとする
・イヤなことされると飼い主でもうなるか噛もうとする
ことがありました。

でも、そこがまた可愛いかったです。
自立心があり他人に媚びない生き方ですかね。
だから、飼いにくい理由でもあるのですが・・

 

パグは人懐っこくて幼児にも安心

逆に、パグは縫いぐる?みたいな感じで飼いやすいです。
外で歩ている人に吠えることもありませんし、誰にでも懐きます。
散歩している犬に寄っていくよりも、その飼い主さんに寄っていきます。

子供がちょっかい出しても吠えたりすることはないので、安心ではあります。
吠えたり怒らないので子供がちょっかい出し過ぎるときは、さすがに子供を注意しますが。

ご飯のお皿に追加するのも怒りません。

同じ小型犬でもチワワは怒ったりうなるイメージがありますが、パグはそういうことはないので子供でも安心です。
ただ、ちょっかい出してもパグが怒らないだけで、他の犬なら怒るかもしれませんから、パグに慣れすぎるのも「う~ん」って感じです。

うちで飼っているパグは、
・吠えない
・怒らない
・誰にでも懐く
・散歩でちゃんと歩く
です。

やっぱりパグは飼いやすいです。
最初に飼う犬としてパグはオススメです。

 

【関連記事】

大人になってカブトムシを最後までお世話しました

私がやってた習い事!ウ〇コ踏んだ記憶も

 

 

タイトルとURLをコピーしました