歯医者(歯科)費用の医療控除

歯医者(歯科)費用の医療控除
Pocket

矯正は子供がするものと思ってましたが、大人の矯正も増えています。しかも目立たないように歯の裏側に器具を取り付けるものもあるみたいです。

子供の矯正と大人の矯正・インプラント

医療費控除の判断は、矯正をする目的で考えます。

治療目的は、医療費控除になります。

美容目的の矯正は、医療費控除の対象外です。

一般的に、

子供の矯正→子供の成長、発育を目的→医療費控除の対象

大人の矯正・インプラント→美容を目的→医療費控除の対象外

と言われています。

しかし、大人でもかみ合わせ改善や咀嚼障害の改善のための治療として、歯科医師が治療目的であると判断した場合、専門医による診断書があれば医療費控除として認められるでしょう。

医療費控除の対象とするには、医師に相談の上、診断書を出してもらうことで解決できます。

セラミック

歯ぎしりで歯が欠けたり、転んで歯を折ったりすることもあるかもしれません。

セラミックで治療した場合、医療費控除の対象となります。

あくまでセラミックで作った詰め物、被せ物と思えば、治療行為と理解できます。

ただし、”一般的な金額を著しく超えない”部分の金額が対象です。

とはいえ、セラミックの治療では、一般的な治療の範囲内に収まるでしょう。

マウスピース

医療費控除の対象になります。

私も歯医者で作ったことがあります。

歯ぎしりで、騒音が凄いみたいです。(無意識で自分では気付かないので)

一緒に寝ている妻に言われました。

歯ぎしりが原因で、歯がかけることもあるのでマウスピースを作成しておくと良いです。

アマゾンでも購入できるので、歯医者に行く時間の無い方や興味ある方は、まずはこちらで試してみるのをおススメします。

【編集後記】

歯科関係のネタを書いたので「歯」に関連した写真を探そうと思い、グーグルフォトで「葉」と検索したらこの写真が出ました!


<サービスメニュー>
税務顧問サービス
メール相談
単発の決算・確定申告のご依頼
単発相談のご依頼
プロフィール

フリーランス・一人社長の税金カテゴリの最新記事