下取価格を気にして白、黒、グレーの車にしなくて大丈夫

日記、健康
スポンサーリンク
Pocket

白、黒、グレーの車が圧倒的に多いです。

売却した車を新車で購入するときに「将来的に売るなら白、黒、グレーがオススメ」と言われました。

無難な色のほうが堅い下取り価格が約束できるということで。

当時、私が選んだ色はマコウブルー
オプションでしたが、選んで正解でした。

 

スポンサーリンク

被らずに少数派でいられる

「被らない色が欲しい!」というニーズがあるのでしょう。
私も(妻も)同じ考えです。

数年間乗りましたが、同じ色の車種に出くわしたのは1回だけだったと記憶しています。

同じ車種には何度も遭遇しますが、マコウブルーは1回だけ。

私が売却した車種を中古車検索してみました。
白色は103台、青(マコウブルー)は12台

中古車を買うなら100台もある中から選ぶのは正直めんどくさいと思ってしまいます。
車に興味はありますが、深くはないのかもしれません。

・走行距離
・事故歴
・オーナー歴
は気になりますが、それ以外は正直・・

ブルーが欲しい!ニーズもあると感じます。中古車販売の方も同じようなことを言っていましたね。
私たちのように白、黒、グレーを敬遠する方がいるからです。

 

下取も色で減額されることはなかった

色で減額されることはなかったです。

むしろ中古車販売市場に影響されますね。

夏に下取してもらったときよりも冬は下がりました。
市場の影響のようですね。
20万円ほど下がりました。

だったら乗りたい色に乗ったほうが良いですね。

せっかく乗るのだからイヤイヤ乗るよりも、好きな色で乗りたいですよね。

 

日記、健康
スポンサーリンク
磯俣周作をフォローする
スポンサーリンク
個人事業主(フリーランス)専門税理士 磯俣周作 合同会社磯俣office
タイトルとURLをコピーしました