小型中型犬のケージサークルは赤ちゃん用で大丈夫だった

ライフ、犬
Pocket

オハナ(フレブル)のケージを人間の赤ちゃん用に変えました。

オハナを迎え入れたときに購入したケージは、犬用のモノを購入しましたが、オハナが大きくなってきたので買い替えをしました。

2021年4月時点で7キロです。

 

ヒートのときにも感じたことですが、ベビー用品のほうが種類が豊富です。

フレブルのヒート(生理)は子ども用オムツで大丈夫

数が多いというよりも色だったり、拡張できたりするので幅が広いですね。

 

扉の奥にハウスを置いたことでトイレをしやすくなったようで、トイレの失敗が減りましたね。

「トイレしたい」と思ったら、トイレが近くにあるほうがラクなのは人間と同じでしょう。

ケージに入ってすぐにトイレマットを置いています。

トイレシート(角2サイズくらい)を3枚敷くことができます。

 

以前は、ケージに入って正面にハウスがあり、トイレに行くにはケージを避けつつ奥の方に行く必要があったので、ほぼトイレはできていなかったですね。

今も完全にできているわけではないですが・・

「トイレ行きたそうだな~」と思ったらトイレに連れて行くか、オハナがお風呂に行ってトイレしていますね。

 

赤ちゃん用だと広げたり、狭めたりもできます。

狭めることはないでしょうけど、赤ちゃんを産むのであれば広げることもできますね。

 

赤ちゃん用ケージのほうが安いです。

犬用ケージは1万円はしますが、赤ちゃん用であれば7,000円くらいのイメージでしょうか。

我が家はメルカリで購入しました。

赤ちゃん用であれば、メルカリなど中古で購入できるのも良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました