「家族そろってご飯を食べる」という小さな幸せ

「家族そろってご飯を食べる」という小さな幸せ
Pocket

家族そろってご飯食べることが多いです。
多いというより”ほぼ毎日”です。
セミナーに参加したり、ときに仕事関係で夜に外出しますが、月に数回です。
夜のサッカーの試合は、夕食を食べてから参加しています。

※外食時、ロイヤルホスト

反面教師

過去、税理士業界にいて上司や所長の家族との過ごし方を見て、「それって幸せなのかな・・」と疑問に思うことが多かったです。
家族と過ごしたくないのか、過ごす時間がないのか、私には分からないですが。
ただ、私は「そういう生活にはしたくないな・・」と。
家族との時間を確保したい!という考えは、業界的にはマイノリティなのでしょう。

家族そろってご飯を食べることは贅沢なことではないですが、私は幸せを感じます。

二律背反の目標

独立前に数値目標(希望?)を書きだしました。
食べていくため、そしてせっかく独立したからには”ここを目指したいな”という数値目標を。

数値目標を達成するには、すべての自分の時間を仕事に投下すれば、達成できるでしょう。
ただ、「家族そろってご飯を食べる」ということも同時に達成したかったです。

独立前の約1年間は残業が無く家族と食事をしていましたが、思い返してみると家族と夕食を食べた時は多くは無かったです。
「家族そろって食事をする時間を確保しつつ、数値目標を達成する」という二律背反の目標があります。

働き方は変化していく

働き方は変化していくのかなと考えています。

働く時間帯

現状の働く時間帯は、朝から夕方まで仕事や打合せして、夕方から子供たちが寝るまでは家族の時間。
子供たちが寝てから、また仕事する日が多いです。
現状、この時間の使い方がベターかなと感じています。

2020年4月から上の子が小学生です。
そのときに働く時間や家族との時間に変化があるかなと考えています。

自宅事務所

現状、自宅事務所です。
こちらも子供の成長と共に変化していくでしょう。
・事務所を借りるのか
・広い自宅に引っ越して自宅事務所にするのか
・私か妻の実家が建て替え時に一部使わせてもらうのか
(同居問題とかあるので難しいでしょうけども・・)

 

今後どう変化していくのは楽しみでもあります・・!!

【関連記事】

元々は朝型人間だけど早起きしないことにした理由

自宅事務所はメリットが大きい

子供が居るからこそ独立しやすかった

 

お金、時間の管理カテゴリの最新記事