売上1,000万円で事務所家賃あったら生活苦しかったかも【ひとり税理士の戦略】

独立・考えてること
Pocket

独立当初、「事務所を借りてもいいな~」と少しばかり考えたこともありました。
ネットで練馬の事務所を見ていてこともあります。
不動産屋さんに問い合わせはしていませんが。
4人家族、最近犬1匹の生活を考えると売上1000万で事務所借りていたら、カツカツだったと思います。
子どもが小学校高学年くらいになったら、また考えることになると思っています。

 

売上1000万で事務所家賃120万円の試算

売上 10,000
事務所家賃 1,200
その他経費 2,000
利益 6,800
税金など 1,000
残り 5,800

※単位:千円

家賃を月10万円で試算していますが、この金額で事務所用物件は厳しいかもしれません。
地域、場所によるかもしれませんが、練馬では10万円はヒットしませんでした。

居住用マンションタイプであれば、10万円出せば良さそうな部屋はあります。
当時、考えていたのは居住用でした。
敷金、礼金も事務所用に比べれば、低く抑えられますし。

手残り580万円(年)は月にならすと、48万円ほど。

手取り 48万円
居住費 12万円
生活費(習いごととかも含め) 20万円
車維持費 5万円
差引 11万円

月10万円近く残る計算です。

10万残るから良しとする考えもありますが、年に数回旅行にいくと消えてしまう金額です。

貯蓄できないですし、小規模企業共済を毎月7万円払っているので、厳しい数字です。
税金計算上、小規模企業共済は利益から引くことができますが、手取りから払っている感覚です。

あとは、少額ながら生命保険も同じですね。

証券口座にも定期的に入金しているので、こちらは完全に手取りからのお金の出入りになります。

家賃を払うことで自分にプレッシャーをかける方法

家賃があればプレッシャーを感じ、自分を追い込むことができるのも事実だと感じます。

これは人それぞれあった方法を選択するのが良いと思います。

確かに「自分を追い込みたい」と思ったことは、これまで生きてきた中で何度もあります。

今も自分を追い込んでいるつもりではいますが、つもりになっている可能性があります。

本当に自分にプレッシャーをかけるなら、気持ちだけでなく事務所家賃を払って追い込むことも方法のひとつです。

ただ、プレッシャーに負けてイヤな仕事をする可能性もあると感じます。
私はそういうパターンに陥りやすいタイプだと自覚しているので、事務所を借りるのは止めました。

 

1000万円でも生活はラクにならない

独立前から1000万円という数字は意識していました。

ただ、1000万円だからといって、生活がラクになった感覚はありません。

カード引き落としのときに「落ちないかも・・」という心配はなくなりつつありますが、それもで様々な支払いが重なるときは「あれ、大丈夫かな・・」と思います。

ひとり税理士であれば、若くして稼いで老後は悠々自適という生活は諦めたほうが良さそうです。

もちろん1000万で満足することはないですが、ひとりでやっている以上は、売上のアッパーはあるでしょうし。

まずは税理士業(税務顧問)で1,000万【ひとり税理士の戦略】

ひとり税理士の年収(売上)

タイトルとURLをコピーしました