ホワイト企業辞めて独立すると伝えたときの妻の反対は??

ホワイト企業辞めて独立すると伝えたときの妻の反対は??
Pocket

会計事務所業界から企業経理に転職したものの独立を決意した人がいます。それは・・・私です!その時の妻の反応やらも含めて書いていきます。

※江の島(2012年10月末)

ホワイト企業を辞めて独立しようと決めてからの心境

正直、怖かったのも事実です。

会社に残れば次年度には課長になり・・・数年後にはこのポストになって、というのが見えました。

三菱商事子会社なので、会社が無くなるなんて思いもしませんし。

安定を求めて転職したのに、それを手放す感覚です。

安定を手放す不安と、独立してやっていくんだという決意の間で揺れていました。

でもこれって、安定⇔不安定の対立軸で考えていたから、悩んでいたんですよね。

そんな狭い視野ではなく、もっと大きな視点で考えると道は開けるものかなと。

私は、

・残りの人生をどう生きたいのか?

・社会へどのような貢献ができるか?インパクトを残せるのか?

・家族と過ごす時間を自分で決めたい

・自分の時間を作りたい

・価値観を共有できる人と仕事したい

など考えました。

 

妻の反応

細かいことは忘れてしまいましたが、せめて覚えてることをブログに書いておきます。

独立することを伝えた時の反応は、

「あっそうなんだ」

「資格取った理由でもあるしね」

「サラリーマンよりも向いてると思うよ」(誉め言葉!)

というものでした。

反対されるとは思ってませんでしたが、ここまであっさり”良いんじゃない!?”と言われ驚きました。

もっと家事・育児も頑張れ!ってことかもしれません。

もし身近な人に反対されたら

一番身近な人に反対され、それを押し切る形になるのは望ましくないと考えます。

「独立なんて不安定だし、危ない橋を渡りたくない」と考える方もいます。

その気持ちや考えを徐々に変えてもらうよう努力が必要なのかなと。

急に「(今すぐに)理解してくれ!」と言ってもこじれるだけですが、少しずつ行動を起こして「この人は独立するんだろうな」と思ってもらいましょう。

・セミナーに参加してみる

・書籍を読み込む(多読)

・ブログやSNSで情報発信してみる

・副業という形でやってみる

・独立している人から話を聞く

この辺りから始めてみてはいかがでしょうか。

毎日少しでも変化させていく

ブログを始めて、情報を発信するようになりました。

発信することにより「〇〇を始めた」「企業する」「転職を考えてる」という方のお話を聞く機会が増えました。

刺激になりますし、良い循環になっているのかなと実感しています。

現状に満足せず、少しでも良いから変化させていくようにしています。

同時にそのような心掛けの方とも出会えています。

 

〈編集後記〉

夜、走るとき寒いので長袖にしました。朝晩が少しずつ冷えてきましたね。

 

〈育児日記〉

保育園ノート・育児ノート、そしてブログで〈育児日記〉を書いていると、どこに何を書いたのか忘れたり、重複するのでややこしいです(笑)

兄:早食いで「お腹が痛い」と言っていました。なぜ早食いをするのか聞いてみると「パパとママよりも早く食べたいから」だそう・・・

妹:食後にぶどうを食べました。最後の1個を大事そうにゆっくり食べていました。

 


<サービスメニュー>
磯俣周作のプロフィール
‣税務顧問サービス  
‣ライトプラン税務顧問
‣クラウド会計導入コンサル
‣年1決算・確定申告サービス
‣単発相談のご依頼

独立・仕事観カテゴリの最新記事