社会不適合者とサラリーマンタイプの折衷

フリーランス・一人社長の税金
スポンサーリンク
Pocket

私は自分の性格は、「極端な社会不適合者ではないけど、サラリーマンタイプでもなく、中間」だと思っています。
社会不適合者とサラリーマンタイプの折衷タイプ、です。

会計事務所業界3年、上場子会社経理4年とサラリーマンをしてきました。
会計事務所業界は、あまりサラリーマンという感じはしませんでしたが、給料をもらっているのでサラリーマンというカテゴリーに入るでしょう。

妻からは「サラリーマン気質はほぼゼロで社会不適合者っぽい」と言われていますが、私はそんなこともないだろうと思っています。
妻は元信金でコテコテのサラリーマン社会にいたから、私みたいなタイプがサラリーマン気質ゼロに見えるのだと感じます。

一応、上場系でサラリーマン4年やってましたからね。(たかだか4年で辞めたからサラリーマンの素養がないとも言えますが)
私の中で4年って結構な長さです。
当時1歳くらいの息子が5歳になってますし、その間に娘も産まれましたし。ワールドカップやオリンピックも4年に1度です。

税理士に限らず、ぶっとんでいる方のブログやSNSを見ると、「ここまでぶっ飛べるのは凄いな」と思ってしまうほどです。

独立すると目立てってなんぼなとこがあるので、ぶっとんだキャラも欲しいなという気持ちもありますし、「そもそもそういうキャラじゃないしな・・」と思ったりもします。

将来的に、私がどこまでぶっとんだキャラになるのか分かりません。
ですが、ブログの発信を通じて”社会不適合者とサラリーマンタイプの折衷タイプ”の私でも、独立して楽しんでいる、充実した生活を送っている姿をお見せできたらいいなと考えています。

これは、子供たちへ背中を見せることでもあると考えています。
私のようなキャラが独立を楽しみつつ、仕事している姿を見せたいですね。
そして子供たちの生き方に何かしら良い意味での影響、刺激になれば嬉しいです。

私はサラリーマンに向いているのかなと思ったこともありましたが、結局は独立しています。
悩んでいる方の参考になるような発信ができたらいいなと思います。

【関連記事】

独立して食えなかったら戻る選択肢も考えていた

合う先生、合わない先生がいたな

 

タイトルとURLをコピーしました