お客様からの電話は年間1回だけっぽい

独立・ビジョン
スポンサーリンク
Pocket

2020年も12月です。

普段から”電話を使っていない”とブログにも書いているので、どれくらいの頻度で電話があったのか記憶を辿ってみると、お客様からの電話は1回でした。

 

スポンサーリンク

方向性の合う方に恵まれたと思う

私は電話ではなく、メール、チャットワーク、LINE、Skype、ディスコードなど利用しています。

基本的に文字でのやりとりです。

電話ばかりだと仕事も進みませんし、先方の時間を奪いかねないこともあり、仕事では電話は利用していません。

「電話を使ってません」と伝えなくても、スタンスで分かってもらえることも多いのかなと感じています。
電話番号を聞かれたのは1~2回です。

「電話使わないなんて・・」と裏で言われているかもしれませんが、面と向かって言われたことはないです。

お客様も電話よりもメールなどのやり取りを好む方が多いです。

本当に恵まれていると感じています。

 

サラリーマン時代の電話

仕事中に電話がなって電話あ終わってから仕事に戻ると、「あれ今まで何やってたんだっけ?」と思い出すのに、意外と頑張る必要がありました。

税理士法人時代、会計事務所時代の電話は、日によりますが少なくとも1日に5回は電話があったような気がしています。
取り次ぐだけの電話ならもっと多いです。

「お電話ありがとうございます。○○税理士法人(○○会計事務所)です。」と何度電話を取ったことか。

上場子会社経理では電話の数は本当に減りました。
電話は監査法人や税理士法人がほとんどです。

電話が減ったのが嬉しかったですね。

 

何を減らすか

お客様と電話をしないと「一人でいるのが好きな根暗」みたいに思われがちですが、話すのは好きです。
メールやチャットのやり取りでも、コミュニケーション取れることを実感しています。

資料を毎月送ってもらうときに、ついでに質問されたり、こちらから質問することもあります。

メールやチャットも即レスではないにしろ、割と返信は早い方です。

下手に電話を使うよりもコミュニケーションは取れています。

ひとりで独立すると、請求書発行から電話対応まですべてを私ひとりが対応します。
そういう状況で、何でもかんでもやろうとすると疲弊してしまい、仕事に注力できません。

だからこそ、電話は減らしています。
請求書発行も毎月しなくて済むように、1年、半年などまとめています。

2020年振り返ってみると、お客様からの電話は1回だけでした。

 

電話が鳴ったら必ず取る自信があるから、電話は使わないように

電話は使ってないけどショートメールは使う

名刺に電話番号、住所が無くても気にならない時代

電話なし、上司なしは、調べものがはかどる

 

タイトルとURLをコピーしました