全力で逃げる準備をしておくべき人物像

全力で逃げる準備をしておくべき人物像
Pocket

こういう人とは距離を置きたい、ないしは反面教師としています。思いついたことを書いていきます。当たり前のことを当たり前にできる人物でありたいなと考えています。

タクシーの運転手に偉そうな態度を取らない!と公言してくる人

最初に聞いた時「え・・??」と思いました。

どこに驚いたのか?

それは、あまりにも当たり前のことを、ドヤ顔で言われたことです。

そんな当然のことを、さも自慢げに話してくるので、感覚が合わない方だなとは感じていました。

私の中では当たり前のことすぎて、言葉でわざわざ言う必要あるのかなと感じました。

そのときは「でうなんですね~!タクシーの運転手に偉そうな態度取る人が多いみたいですしね。」と合わせました。合わせるしか選択肢が無いようにも感じます。

 

平気で人の悪口を言ってくる

部下、同僚の悪口をわざわざ私に伝えてくる方がいました。

移動時間や会議室で二人っきりになったときに言われることが多かったですね。

・私の口が堅いのを信頼しているのか、

・イライラしたことについて私なら共感してくれると思ったのか、

・(こういう仕事をしてほしくない、という意味で)私に何かしらのメッセージを伝えたかったのか、

分かりません。

 

悪口を聞かされると「この人って他の人には俺の悪口言ってんのかな?」と勘ぐりたくなります。

信頼ができなかったです。

悪口を私に伝える意図を私がくみ取れれば良かったのでしょうけども。

 

相手の悪いところしか見ていない

これも悪口に近いかもしれませんね。

人には良いところも、至らないところもあるので、それを見極めるの能力が会社組織で上に立つ人には必要なのかなと感じます。

悪いところに一度目が行くと、悪いところしか見れなくなります。

一度、悪い評価がつけれると、それに引っ張られてしまう傾向があります。

そして良い評価をもらうと、よっぽどのことが無い限り良い評価をもらるのかなと。

私にも経験があります。

そんなようなことを↓には書いてあったような。

私自身も気を付けないといけないですね。

子育ても同じだと思います。良いところを、もっと見てあげると自己肯定感が増すのになぁ~と思うことも。

私が小学生のころとかを思い出しながら・・

 

遊んでばかりで自己研鑽を怠る

どの業界にいても日々勉強だなと感じています。(経理、税理士業界だけですが)

しかしながら「もう勉強は必要ない!」と感じてしまっている方も一定数います。

こうはなりたくないと思う反面、チャンスだなと考えています。

こういう人が増えれば、正しい方向で努力している人が勝つチャンス・確率が上がるからです。

【関連:これを言われたら逃げる?!「あなたのためを思って」「○○してあげる」

【編集後記】

TACの前を通ることがあり、TACニュースを数年ぶりに見ました!

【育児日記】

風邪が落ちついたので登園するとインフルエンザが大流行していました。怖いですね・・


<サービスメニュー>
磯俣周作のプロフィール
‣税務顧問サービス  
‣ライトプラン税務顧問
‣クラウド会計導入コンサル
‣年1決算・確定申告サービス
‣単発相談のご依頼

独立・仕事観カテゴリの最新記事