車を売った時の税金

フリーランス・一人社長の税金
スポンサーリンク
Pocket

「車を売った」と一言で言っても、立場や状況によって税金がかかることもあります。

※ツインリンクもてぎにて

通勤用の車を売った

通勤用の車を売ったときです。

譲渡所得の対象となる資産には、土地、借地権、建物、株式等、 金地金、宝石、書画、骨とう、船舶、機械器具、漁業権、取引慣行のある借家権、ゴルフ会員権、特許権、著作権、鉱業権、土石(砂)などが含まれます。

ただし、生活用動産の譲渡は非課税の扱いとなります。
例えば、家具、什器、通勤用の自家用車、衣服等、生活に通常必要な動産の譲渡がそれに該当します。

通勤用の自家用車を売却したときは、生活に必要なモノなので譲渡所得が非課税となります。
そのため税金の対象にはなりません。

レジャー用、普段使いの車

旅行や近所の買い物などで使う車を想定しています。
サラリーマンの方が所有する車の用途で、一番多いのではないでしょうか。

売却して利益が出たときは譲渡所得の対象になります。

『譲渡所得の金額=譲渡した金額-(買った時の金額※+譲渡費用)-50万円』
※買った時の金額ですが、時の経過で価値が減少すると考えられる減価償却資産については、その価値の目減り部分も考慮します。
そのため、新車で購入したとしても、譲渡所得が発生することは考えにくいです。

超高級車であるランボルギーニなどのような車をプライベートで買って、それを売った時に利益が出ていれば譲渡所得の対象となります。
とはいえ、こういった車をプライベートで買うとは思えません。

事業に使っている車を売った(フリーランス、個人事業主)

フリーランスの方が事業に使っている車を売った時は、事業所得になりません。
譲渡所得の対象になります。

会計ソフトへの入力も、「固定資産売却益」という科目を使わず、「事業主借」で処理します。
事業所得ではなく、譲渡所得の対象なので、事業の利益にならないからです。
また、損益通算の対象になります。

ただ、フリーランスの方が消費税を納税する義務がある場合には、消費税の処理に注意が必要です。
売却した金額に消費税がかかっているので、消費税を忘れずに処理しましょう。
売却した金額全体が、消費税の課税対象になります。

現金 100 車(簿価) 50 消費税:課税
事業主借(売却益) 50 消費税:課税

会社(法人)

会社は営利目的で活動しているので、会社用(名義)の車を購入すれば、資産として減価償却で費用化していきます。
その車を売った時も収益になります。もちろん損がでることもあるでしょう。

個人のように譲渡所得など考えず、得したのか損したのかを考えれば大丈夫です。

「売却価格-簿価(決算書に乗っている金額)」が利益か損になります。
会社の減価償却はするかしないかは任意です。減価償却してもいいし、しなくてもいいとなっています。
減価償却していれば、毎期、車の一部の金額が経費になり、決算書に計上される「車両」の金額は小さくなっていきます。
👇減価償却のイメージ。

買った金額 400
減価償却(費用化) 100 100 100 100
簿価(決算書の金額) 300 200 100

 

【関連記事】

4年落ちの中古車を購入する節税策

投資不動産マンションの減価償却費の注意

メルカリを始めてみたら無申告になってしまう人の心理を理解できた

 

タイトルとURLをコピーしました