2019年10月(平成31年10月)以降の軽減税率の具体例

2019年10月(平成31年10月)以降の軽減税率の具体例
Pocket

2019年10月移行、消費税が10%になります。一部の飲食料品は8%の軽減税率となります。税理士会は、軽減税率に反対の立場ですが今回は確実に?10%になるのでしょうか。反対だけれども、できる準備はしておいたほうが安心です。ハンバーガーのテイクアウトは、108円(税込)で店内飲食は110円(税込)になるのか?現場が混乱するから、えいや!っと110円(税込)で統一するのでしょうか?今後の各企業の価格設定が気になります。

飲食料品は軽減税率

飲食料品は軽減税率となります。

飲食料品の範囲は、食品表示法に規定する食品のうち、酒税法に規定する酒類を除いたものであり、・・

と定義されていますが、よく分かりません。

ざっくり、「人が飲み食いする飲食物」が軽減税率(8%)となります。

それでは身近なものを具体的に、みていきます。

 

テイクアウト・宅配

テイクアウト・宅配は、軽減税率(8%)です。

飲み水

水道水は10%です。

ミネラルウォーターは8%となります。

ウォータサーバーのレンタル料は10%ですが、ウォーターサーバーでの水は8%となります。

※電気、ガス、水道を8%にして、それ以外を10%にしてくれればいいのに・・と思うことも。

コンビニ

誰もが利用するコンビニではどうなるのでしょうか?

コンビニ弁当の持ち帰りは、8%です。

イートインスペースでの食事は10%となります。

ただし、コンビニは飲食物以外のモノも多数販売しています。大半の商品が持ち帰ることが前提のコンビニでは、「イートインコーナーを利用する場合はお申し出ください」等、営業実態に即した確認が必要となるでしょう。

例えば、お客様が弁当を購入するときに特に意思表示をしなく8%でレジ打ちして、そのお客様がイートインコーナーで食べたとしても、実務上、それは修正せずそのままで良いでしょう。

ドリンク剤

医薬部外品に該当するドリンク剤は、10%です。(リポ〇)

医薬部外品に該当しないものは、単に飲み物なので8%となります。(レッド〇ル)

ファストフード店

店内飲食は10%、持ち帰りは8%です。

コンビニと同じく、お客様の意思確認が必要となります。

ただし、これは以前からもあることなので、特段問題にはならないでしょう。

レジの最初に「こちらでお召し上がりですか?店内ご利用ですか?」と質問されますしね。

ノンアルコールビール

アルコール度数が1度未満は、8%です。

なので、普通のビール、ワインなどのお酒は10%となります。

 

飲食店は消費税の負担感増える?

消費税を納税している飲食店は、増税感が増すと感じています。

食材の仕入は8%ですが、お客様からの売上は10%です。

仕入率にもよりますが、その差分が負担となってきます。

税込経理だと儲かったように見えてしまうので注意が必要ですね。

 

【編集後記】

ユーロ導入前にイタリアへの旅行を思い出しました。ユーロ導入前だったので通貨はリラでした。飲食店のメニューには、リラとユーロの2つが表示されていました。

【育児日記】

兄:あやとりのYouTubeを一緒にみて研究しました。達成感があったようで、私も嬉しいです。

妹:昨日、自販機でリンゴジュースを買ったので今日も買いたがるかと思いきや欲しがらず。


<サービスメニュー>
税務顧問サービス
メール相談
単発の決算・確定申告のご依頼
単発相談のご依頼
プロフィール

フリーランス・一人社長の税金カテゴリの最新記事