MFクラウド会計で法人設立

MFクラウド会計で法人設立
Pocket

MFクラウドで法人を設立しました。自分で会社を設立するプランです。事前に用意するものは、個人の印鑑証明と電子定款用のCD-Rです。

必要事項に入力していく

ステップ1(設立に必要な情報を記載)

https://biz.moneyforward.com/establish/

からログインし必要な項目に入力していきます。

・住所

・社名

・事業目的

・株式会社か合同会社

・資本金や決算時期

などです。

プルダウン選択できるので手間はかかりません。

定款作成に必要な情報の入力が完了します!

 

ステップ2(設立の手続き)

定款作成もプルダウンで選択していくと出来上がります。

印鑑の作成も同時にできますので、ここで注文しました(7,800円)。こだわる方は別で購入しても全く問題ありません。

個人の印鑑証明を発行しますが、本紙を提出せずスマホで写真を撮ってアップします。

てっきり郵送で送ったりするのかと思ってました・・・

MFクラウドと提携している行政書士から電子定款が送られてきます。

それを自分でCD-Rに保存します。電子定款の作成は完了です。

・電子定款CD-R

・設立登記申請書(印紙が必要です。合同会社なら6万円)

・代表社員、本店所在地及び資本金決定書

・就任承諾書

・払い込みがあったことを証する書面

→発起人1人の個人口座に、発起人それぞれの名義の口座から出資金を入金します。とはいえ1人会社なので、自分から自分に資金を移すだけです。証拠を残すためにも振込で対応しましょう。

・印鑑届出書

上記の資料を最寄りの法務局に持ち込むか送ります。

資料がたくさんありそう・・・と思われるかもしれませんが、すべてMFクラウド会計からダウンロードできますので、神経質にならなくて大丈夫です。

 

会社設立までの期間

MFクラウド会計の申し込みから会社設立までの期間は、1か月もあれば大丈夫です。

①上記サイトから、プルダウン方式で選択しメールを受信

②印鑑証明をメールに添付して

③法人の印鑑を受け取る

④必要箇所に印鑑を捺印して法務協での登記(郵送も可能)

私は、①~④で3週間ほどで法人を設立できました。

私はヤマトを使って書類を送りました。

書類が法務局に到着した時点で受付され、その日が登記日=設立日になります。

登記したい日を確実に指定し、宅急便で発送するのがお勧めです。

例:12月25日を設立日にする場合⇒12月25日指定で発送

 

登記予定完了日を過ぎてから法務局へ書類を取りにいく

登記日を過ぎてから法務局へ出向きます。(不備がなければ)

私は特に何も連絡がなかったですし、設立した法人へのDMがちらほら届いたので「あーこれなら不備なく受理されたんだな」と確信しました(笑)

法務局に出向き、その場で印鑑カードを発行してもらい、その流れのまま「印鑑証明」と「登記簿謄本」を発行してもらいます。

・印鑑カードの発行

・印鑑証明

・登記簿謄本

印鑑カードがあれば、次回からは法務局の端末から請求することが可能です。

 

このように1通につき料金がかかります。

印紙で払うのですが、法務局に印紙販売所があるのでお金さえ持っていけば大丈夫です。

 

【編集後記】

法人を設立すると会計事務所からDMが届きます。「月1万円~!」というのもありました。業務内容が少ないことを想定しているのかなという印象ですが、それで受けてしまうとお互いのためにならないかもしれませんね。

【育児日記】

妹が少しカゼっぽく午前中に私の実家に見てもらいました。結構慣れてきたので、お願いすることもできそうか・・・??


<サービスメニュー>
磯俣周作のプロフィール
‣税務顧問サービス  
‣ライトプラン税務顧問
‣クラウド会計導入コンサル
‣年1決算・確定申告サービス
‣単発相談のご依頼

経理方法、クラウド会計カテゴリの最新記事