モバイルSuicaの利用履歴をfreeeへexcelインポートで交通費計上

経理方法、クラウド会計
スポンサーリンク
Pocket

スマホのモバイルSuicaを利用している方が多いと思います。
モバイルSuicaの利用履歴をPDFで出したり、スクショで対応している方もいます。
freeeを利用していて、excelでインポートする方法について書いていきます。
他にも方法はあるかもしれませんが、参考になれば嬉しいです。

【手順1】利用履歴をコピーする

利用履歴をひとまずコピーします。

【手順2】ペースト

新しくexcelを開き、そこにペーストします。
そのときに「貼り付け先の書式に合わせる」でペーストします。

 

 

似たような書式ですが、各セルに情報が入りました。

【手順3】excelを揃える

手順3-1

・「入」「出」の列
・「物販」の行
は交通費に関係ないので削除します。

手順3-2

次に、会計ソフトに入れる際、摘要に駅名を記入しておくために「&」を利用して文字列を結合します。
例えば、「=B1&C1」とすれば、西武池袋西武練馬と入った駅と出た駅を1つのセルに記入してくれます。

手順3-3

最後に、モバイルSuicaの利益は残高からお金が減っていくように記載されています。
利用金額が「マイナス表記」です。
そこで、マイナス金額にマイナスをすることで、プラス表記にします。
例えば、「=-E1」とすれば、-178円が178円に変わります。

手順3-4

ペースト段階では、「11月19日」となっています。
この日付を「Ctrl+Shift+3」で「2019/11/19」のようにします。
のちのちインポートしたときに数値として認識されてしまうので、「Ctrl+Shift+3」で日付にしておきます。

 

【手順4】インポート

インポートはexcelをドラッグすれば、自動的に情報を吸い上げてくれます。

また、不要な項目は、記入しなければ無視することができます。
「日付」「金額(プラスの金額)」「=&で結合した摘要項目」があればOKなので、他の項目は無視しました。

 

【関連記事】

交通費精算をあえて切符代金でする方法もある

弥生からMFクラウド会計へデータ移行

MFクラウド会計で法人設立

 

タイトルとURLをコピーしました