家計費、個人事業主(フリーランス)、会社の領収書の管理方法

家計費、個人事業主(フリーランス)、会社の領収書の管理方法
Pocket

レシートの管理方法に「これ!」という正解はありません。正解が無いからこそ、自分なりにアレンジでき、やりやすい方法で管理していきましょう。私は、家計費、個人事業主(フリーランス)、会社の3つのレシート管理を毎日しています。毎日ってめんどくさそうに思われるかもしれません。逆に毎日管理しないとレシートはたまるばかりで、混乱のもとなので毎日管理しています。

家計費のレシート管理

 

1日の終わりに財布にある家計費のレシートを、ディズニーボックスの中に入れるだけです。

三菱商事子会社時代の給料日は21日だったので、給料日後に集計していました。

(21日給料日の名残もあり、21日語後に家計費の精算を続けています。)

集計したレシートは見ることはないでの、捨てています。

ほぼ全ての買い物をカードで支払っているので、ネットからカード明細を確認すれば、金額など見ることができます。

 

個人事業主(フリーランス)、会社のレシート管理

こちらも、1日の終わりにクリアファイルに入れるだけです。

個人事業主(税理士)のレシートは、税理士会のクリアファイルに入れてます。

 

 

会社のレシートは、透明のクリアファイルに入れてます。

会計ソフトへの入力は翌日にやります。

個人のクレジットカードをクラウド会計に同期できるのですが、データが上がってくるまで時間がかかるのか、翌日に自分で経理したほうがスムーズです。

個人事業主(税理士):「経費/事業主勘定」

会社:「経費/役員借入金」

と処理しています。

会計ソフトへ入力したレシートは、ノートに張り付けています。

 

レシートはためない!

家計費、個人事業主(税理士)、会社とあると日々のレシート管理や経理の大切さを感じます。

数字を眺めることによって、方向性を考える習慣も付きます。

1カ月後にレシートを仕分けたり、経理するのは覚えているわけもないですし。

どの経費なのか判断できません。

会計ソフトへ入力しなくとも、科目ごとに仕分けたりはしておきましょう。

【関連:自分で経理したほうが、結果的に良いと実感する理由

 

【編集後記】

寒さが落ち着いてきました。ということは花粉の季節が到来ですかね。

【育児日記】

外食をしたときに、初めて兄妹が並んで座り食事しました。こういうことも成長なのでしょう。妹はパパかママの隣が良かったのに、あえて兄の隣に座っていました。

 


<サービスメニュー>
磯俣周作のプロフィール
‣税務顧問サービス  
‣ライトプラン税務顧問
‣クラウド会計導入コンサル
‣年1決算・確定申告サービス
‣単発相談のご依頼

経理方法、クラウド会計カテゴリの最新記事