クーペ(2ドア)は経費にならないのか?

クーペ(2ドア)は経費にならないのか?
Pocket

たまに質問されることで「クーペは経費にならないんですよね?」があります。都市伝説だと思ってましたが、気になる方はいるようです。

※ツインリンクもてぎ

事業で使っているか

そもそも論として、事業に使用しているものが経費として認められます。

例えば子供用の学習机を購入したら、どうなるのでしょうか。

私が購入すれば、単なるプライベートなものであり、経費になりません。

学習塾を経営している方なら、経費になります。

このように事業に使用している・していない、が大原則です。

車を購入するのも、事業に使っているのかがポイントです。

 

どうしたら経費になるのか??

記録を残す

クーペなど個人的嗜好の強い車を事業のために使っているのであれば、殊更に運転記録を残しましょう。

行先・目的・相手先などを簡潔で構わないので、記録として残しておくことで証拠になりえます。

遠方への出張に行く際には、確実に記録に残しておきましょう。

書式は特に決まってません。

ハイエース・キャラバンのように、いかにも仕事に使っている車の記録まで残しているのか、というと微妙なところです。(会社規模がそれなりに大きくなれば、確実に記録を残しています。)

会社の規模感

売上や利益とのバランスも重要かと。

個人の年収で考えてみると、

年収300万の方が2,000万の高級車を買うのか?買えるのか?

おそらく買わないでしょう。

(よっぽど親の遺産があるような方なら問題ないでしょうが)

いくらの利益なら大丈夫!という境界線は無いですが、バランスを考慮してみるのも一法です。

どうしても調査では目立つ

クーペや高級車でも経費になりえます。

が、、、あくまでも事業に使っていることをお忘れなく。

クーペ(2ドア)や高級車が固定資産台帳に載せてあれば、どうしても目立ちます。

「アストンマーチン2,000万円」などあれば調査でも「おっ!」となるのが普通かと。

立証するためにも記録を残しておきましょう。

 

【編集後記】

決算書の見方についての質問を受けました。伝え方など気づくことも多く、私もプラスになりました。

【育児日記】

兄:木登りにはまったからか、登れるものがあれば登ります。「なんで登ろうと思ったの?」と質問すると「だって登れるから」とのこと。

妹:手すりにつかまって登ろうとする兄に「おちちゃうよ~あぶないよ~」と言っていました。

フリーランス・一人社長の税金カテゴリの最新記事