打合せを毎日入れたくない理由

独立・仕事観
スポンサーリンク
Pocket

税理士の仕事は、黙々とデスクワークしているイメージがあるかもしれません。
もちろん、そういう側面もあります。
2月3月は確定申告シーズンですので、1日中、記帳代行・申告書作成・資料作成をしていることもあります。
私は毎日誰かと会うよりも、会わない日を作ったほうが良いタイプだと思っています。
それぞれ自分のタイプに合ったやり方ができるのが独立の良さではあります。

スポンサーリンク

誰とも会わない日を作ったほうが、会うのが楽しみになる

会う、会わないは税理士やお客様とのスタンスによるでしょう。
毎月会わなくても、SkypeやZOOMでの打ち合わせをするかもしれません。
メールのやり取りもするでしょう。
ブログも一方通行ではありますが、ブログを読んでくださる方とのコミュニケーションでもあります。
もちろん、YouTubeも。

私は毎日打合せを入れないようにしています。
過去に勤務した事務所では、毎日のように外出がありました。
私にとっては外出が多すぎて疲れましたし、お客様と会うのが負担でした。
(へたれだと思われるかもしれませんが・・)

もともと、人(お客様)と会って話すのは好きです。
初対面の方でも話せるほうだと思います。
好きではありますが、毎日のように打合せを入れたくはありません。
会うたびに新鮮な気持ちで、貢献したい気持ちで、打合せしたいからです。

 

ちなみに、私は5歳くらいのときに麩菓子が好きすぎて、一袋全部食べて気持ち悪くなり嘔吐したことがあります。
記憶はないのですが、麩菓子の臭いが苦手です。
いくら好きだからといってもほどほどが良いのでしょうね・・!

【関連記事】

電話は使ってないけどショートメールは使う

メール効率化の考え方

コロナの影響が出る前からSkypeやZOOMで打合せできる環境を整えておいて良かった

 

タイトルとURLをコピーしました