独立してから「自分で確定申告したい(所得税)」というニーズがあることに気付いた

独立・仕事観
スポンサーリンク
Pocket

会計事務所に勤務しているときは、「資料を預かって申告する」ことが当たり前でした。
独立して単発相談を受けていると「自分で確定申告したい」という要望があることに気付きました。
私の感触では、そんなに多くはありません。
やはり、税理士に確定申告を依頼するというほうが多いのは確かだと思います。

スポンサーリンク

税務顧問の継続契約はハードルが高い

個人の税務顧問は、年間20万くらいから30万でしょうか。
それよりも安い金額で受注している会計事務所もあるようですが、量をたくさんこなしているのでしょう。

フリーランスの方としては、税務顧問は年間での固定費になります。
固定費をかけたくない気持ちは理解できます。

 

同じ金額で丸投げできるけど、一緒に確定申告を作成したいという要望

フリーランスの方が確定申告の件で、個別コンサルティングという枠でお申し込みいただく理由の多くは、
・いずれは自分で確定申告したい
・毎月の経理は自分でできるから、年1回の確定申告を税理士にやってほしい
というものです。

私の個別コンサルティングの費用が数万円だとして、そのお金を出せば確定申告まで丸投げできる税理士もいます。
しかし、
・一緒に確定申告を作っていきたい
・質問しながら確定申告を作りたい
・自分で確定申告のやり方を知っておきたい
という方には喜ばれます。

これって不思議です。
お金を払うフリーランスの方は、同じ数万円で丸投げできるのに、めんどくさいけど自分で確定申告する方を選択しています。
丸投げしてしまえば、あとは税理士が申告までしてくれるので本来はラクなわけですが、そちらを選択しない方は少数かもしれませんがいます。

税理士の視点からだと丸投げされたほうがラクな部分もあります。
資料さえきちんと揃えば、あとは作業的な要素もありますし。
「教える」「伝える」ことでこちらのレベルも上がります。

オンラインで画面共有

対面でも一緒に確定申告を作成できますが、オンラインでも可能です。
オンライン打合せでは画面共有できるので、対面とそん色ありません。
むしろ「これ」「あれ」「それ」という言葉を使えない分、こちらのハードル上がることもあります。

 

【関連記事】

「入力したほうが速い」からの脱却

単発相談は喜ばれるし、私にとってもメリットが多い

税理士に毎月資料を渡すためにやること

 

タイトルとURLをコピーしました