税理士登録すると各方面からの営業攻勢が凄い!

税理士登録すると各方面からの営業攻勢が凄い!
Pocket

税理士登録すると会計ソフト会社、保険会社、税理士紹介会社からの営業攻勢があります。拡大志向ではない私にはムダな、関係ないサービスが多かったです。 

こちら側のメリットは無い

【結論】
税理士である私にメリットはなく、相手が売りたいが為のものです!

流れとして業者から電話がかかってきます。

「この度磯俣先生にご紹介したいサービス等がございましてお時間頂けないで しょうか?」的な電話です。

この時点で何が言いたいのか、よく分からない業者は要件も聞かずに切ってます。

この手の電話は登録して2か月くらいまでは、月に4-5件ありましたね。

そんな中、会ってみたのはとある税理士法人のコンサル会社と保険会社です。

コンサル会社は、士業の囲い込みを目的にしており、

保険会社は代理店契約を目的としています。

営業職だからなのか、結構ぎらついてる感がありました。

大変だなって思うと同時に、お互い時間の無駄では?という疑問が湧いてきました。

独立当初に話を聞いてみるのは、ありでしょう。

拡大志向じゃない私のような人には、ムダです。

会って話すのはブログのネタにはなる

冒頭の結論にも書いてますが、こちらにメリット無いです。

どうして意味が無いと分かっていながら、会うのか。

それは、ネタになるからです。

こう書くと凄いイヤな奴に見えます。

でも、不要なサービスを売りつけようとする業者のほうがイヤな奴です!

ブログを始めようかなと思っていた時期ですし、いつかネタになれば良いなと 思って会いました。

こうしてネタにしているので、目標は達成されました。

業者側も日報に「税理士と面談」と書いているでしょうし、そこはお互い様でしょう。

参考にしたくもないけど売り方を学べる(笑)

打合せで話していると私にメリットばかりなんですよね。

‣保険を売ったら、手数料で儲かる。売れば売るほどリターンも良くなる。

‣一通り私のメリットを伝えたあとで、「実は・・・」みたいなことがある

反面教師になります。

会って話すようなこでなく、当初の電話で済んだでしょ、と思うことがほとんどです。

日程を決めるのに「ショートメールでお願いしたい」と伝えてもしつこく電話してきますし。。。

【編集後記】

写真は旅行先でタンポポを見ている娘。

夏風邪で39度まで上がりましたが翌日は37度台まで下がりました。何という生命力・・・!

独立・仕事観カテゴリの最新記事