10代、20代でギックリ腰の思い出

ライフ、犬
スポンサーリンク
Pocket

運動や筋トレしなくなるとギックリ腰をやってしまったことがあります。

高校3年生のときと税理士試験受験中の10代、20代前半のときです。

大学受験も税理士試験のときも、勉強中心ということもあり運動を全くしなくなっていました。

高校3年生のときは、体育でサッカーをしていて利き足ではない左足でシュートしたら、動けなくなりました。

税理士試験時代は、2回ほどギックリ腰やってますね。
1度目は、自宅で延長コードに引っ掛かって、ピョンと飛んだら腰がピキッでした・・
2度目は、専門学校のスツールに腰かけようとしたときです。
スツールは結構高いので「よっこいしょ」と座る感じだと思うのですが、その「よっこいしょ」で腰がピキッと・・

2度目のギックリ腰は、長引くタイプというか繰り返して発症してしまいましたね。
治っていないので再発しやすかったのかもしれません。
治ったと思って、スツールに腰かけたら再発しました・・(笑)

ギックリ腰をしなくなって10年ほど経ちますが、高さのあるスツールに腰かけるときは相当慎重になっている自分がいます。
それくらい慎重に生きろ!ということかもしれないですね。

運動しなくても勉強できるタイプの方も多いかもしれませんが、私は運動の時間を捻出してでも勉強したほうが、効果的に勉強できたかな、と振り返ってみて反省することがあります。

家でできる筋トレや軽く走ることすらしていなかったです。

今では反省もあり、確定申告期などの割と忙しい時期でも運動はしています。

おかけで今のところギックリ腰せず過ごせています。
ふくらはぎの肉離れはしましたが。

人工芝ではブレード型のスパイクは合わないと感じた

 

タイトルとURLをコピーしました