中学までのサッカー経験者(中年素人)が走力ついたと感じたのは食べ物を変えてから

中学までのサッカー経験者(中年素人)が走力ついたと感じたのは食べ物を変えてから
Pocket

新宿区リーグに加盟するKFCというチームに所属しています。
2019年4月から始まったリーグ戦では、4勝1負で1位となり2部に昇格することができました。
私は、小学校・中学校でサッカー、高校・大学でテニスです。
働き始めてからもテニスでしたが、小学生の時のコーチが所属するチームに加入してサッカーを再開しました。
2年ほどそのチームでプレーした後、「もう一度、リーグ戦に出たい」と思い立ち2017年4月に現在のチームに入りました。
サッカーを再開したのが25歳なので、約10年経った今のほうが走れている感覚があります。
20代は勉強と仕事を理由にトレーニングしてなかったので。
中年素人サッカーで走れるために試行錯誤してきたので参考になれば嬉しいです。

※私が飲んでいるプロテイン

高校サッカーを経験してないハンデは大きかった

前述の通り、私のサッカー経験は中学までです。
チームメートを見ると高校までサッカーしていた人が多いです。
高校までサッカーしていた人とそうでない人で、基礎体力で負けるな・・という感覚がありました。
やはり高校の部活で毎日練習していた経験があると、ブランクがあっても何とかなっている印象です。

また話が少しそれると、戦術理解も中学までとはレベルが違いました。
私の中学までは上手なチームメートが数人いたので、その人にボールを預ければ何とかしてくれました。
私はDFだったので相手からボールを奪い、うまい味方にパスをして休憩していました・・(笑)

話を体力に戻すと、高校までサッカーしていた人はそもそも体がごついです。
運動量減って筋肉が贅肉になってても、分厚い体しています。
ようはサッカー向きの体と言えるかもしれません。

体格や体力でハンデを感じました。

走るトレーニング

ハンデをそのままだと試合で負けてしまいますし、そもそもレギュラーになれません。
2017年のチーム加入以来、週2回は何かしらのトレーニングをしています。
・3~5キロ走る(気分や時間によって走る距離は変わります)
・4キロ走る+ダッシュ10本
・300mダッシュ
・筋トレは適宜

走るトレーニングだけでは、なかなか試合で走り切る体力はついてこなかったですね。

食べるものを変えた

上記のようなトレーニングを2年以上続けています。
私は、トレーニングを続けたことよりも、食べ物を変えたことのほうがインパクトがあったと感じています。
タンパク質中心の食生活です。

タンパク質中心の食生活に変えるまでは、糖質ばっかりでした。
米、うどん、麺類全般、甘いものが好きでよく食べていました。
「おいしいものは糖と油で出来ている」みたいなCMあるくらいですしね。

あることをきっかけにタンパク質中心の食生活に変えました。
肉や魚を意識手に取るようにしつつ、運動やトレーニングした日はプロテインも飲みます。
プロテインは体への負担もあり、毎日は飲んでいません。
変えてすぐにサッカーに良い影響は出てこなかったですが、甘いものを欲しがらなくなりました。
鉄分とタンパク質の摂取量を増やしたら、糖質制限できた

タンパク質中心の食生活に変えて10カ月ほど経ってから、以前よりもサッカーで動けるような感覚になりました。
私の感覚だけでなくチームメートからも「よく走ってる」と認めてもらうことができました。
もちろん、走ったりのトレーニングや月に1~2回の試合は参加しています。
(競技志向チームだと毎週試合があるようですが、さすがにそこまでは・・)

糖質多いプロテインもあるので注意

筋肉を大きくしたい人向けのプロテインは糖質が多いことがあります。
糖質を抑えて良質なプロテインなら、👇がオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WPIホエイプロテイン 1kg×3袋 [02] NICHIGA ニチガ
価格:6842円(税込、送料別) (2019/11/12時点)

 

【関連記事】

筋肉痛が残ったまま採血するとCPK(CK)が異常値になってしまうかも

中学でサッカーを離れて高校・大学はテニスにした理由

鉄分とタンパク質の摂取量を増やしたら、糖質制限できた

 

サッカー 運動カテゴリの最新記事