判断・調べる仕事をメインにするなら企業経理へ転職

判断・調べる仕事をメインにするなら企業経理へ転職
Pocket

無くなる仕事と言われている「記帳代行」ですが、記帳代行も大切な仕事です。現状、記帳代行を受けていますし、ニーズがあり感謝されています。会計事務所として記帳代行の受け方を工夫すればお客様から感謝もされますし、もっと効率よくできたのかなという反省もあります。会計事務所は、紙で保管する習慣が強い業界なのでせっかくexcelデータでもらってもそれを印刷・保管し、それを見ながら会計ソフトに入れていたこともあります。今ではやりませんが、そういう環境の事務所が多いのかなと感じます。判断したり、調べる仕事を中心にしたいこともあり、企業の経理へ転職しました。

※当時の職場付近

レシートや請求書をひたすら入力する仕事

記帳代行は、ひたすらレシートや請求書を会計ソフトに入力する仕事です。

会計事務所業界の中では、私の入力スピードは遅いほうだと思います。

要領が悪いのか、飽きっぽいのか分かりませんが・・

当時、私としては「量が多いな・・」と思う記帳代行の作業は、所長曰く「そんなに多くないから!」と言われ、へこんだ記憶があります。

記帳代行の仕事は、打合せで外出すると溜まる一方なのでしんどかったですね。

記帳代行のボリュームが多すぎることと、合わないお客の記帳代行だったので余計にしんどかったと自己分析しています。

 

企業経理では考える仕事が増えた

三菱商事子会社では会計ソフトに仕訳を入れる仕事もありました。

記帳代行のようにテンキーでガンガン入力するような仕事は、ほぼ無かったですね。

「判断」や「確認」する仕事が増えました。

「判断」は、会計や税務的にどうしたら良いのかを調べて上司に報告するような仕事でした。当時の会計税務論点をブログネタにもさせてもらっています。

判断する仕事は、成長できます。(テンキーでガンガン入力する仕事より)

上司、他部署から相談を受けます。自分で調べたり相談できます。それでも心配なら提携している税理士法人に質問したり、監査法人に質問もできます。

そもそも記帳代行のような業務は無いので、落ち着いて相談事項へ対応することができました。(前述したように会計事務所時代は、外出や打合せで記帳代行が滞るのが精神的に負担でした。)調べる時間も確保でき、質問する環境もあり、かなり恵まれた環境だと思います。

 

「確認」の仕事は、判断する仕事よりもルーティーン的でした。

内部統制がありダブルチェックすることが決められていました。同じ仕訳に2人も3人もチェックするのです。このチェックでミスも発見できるので一様に悪いとは言えませんが、成長できる仕事とは感じられませんでした。

 

まとめ

私はボリュームが多い記帳代行が無くなり、判断したり調べたりできる環境に転職できたのは良かったです。

会計事務所時代は「記帳代行が遅い」ことがマイナスでしたが、記帳代行がない環境に変えることによって、そのマイナスポイントが無くなりました。

むしろ、スピーディーにきちんと調べたり、説明することで評価されていきました。

会計や税務の論点を【調べる、判断する】仕事がしたいなら、企業の経理はオススメです。

 

関連:カオスな資料の山と入力の多さに耐えられなくなり三菱商事子会へ転職

関連:企業内税理士で必要な科目

関連:会計事務所業界がブラックな理由を考えてみた

 


<サービスメニュー>
税務顧問サービス
メール相談
単発の決算・確定申告のご依頼
単発相談のご依頼
プロフィール

経理 転職カテゴリの最新記事