現金勘定を使わない経理方法がオススメ

現金勘定を使わない経理方法がオススメ
Pocket

コンビニで打合せ用の飲み物を買って現金で支払ったりすることはありますよね。

その場合、現金勘定を使って経理しないといけないのでしょうか。

答えは、しなくても大丈夫です!

毎日、使う小銭&カード入れ

 

現金勘定を使わないなら・・・

フリーランスであれば、「事業主借」

法人であれば「役員借入金」

を使います。

会計ソフトに科目がありますので、探してみましょう。

freeeでは役員借入金が初期設定されています。

 

現金勘定を使う場合の注意点

 

現金勘定を使って経理すると、現金勘定が異常になることが稀に起こります。

異常とは、現金勘定が「100万」とか、時には「マイナス」になったりしています。

実際に100万円の現金がある!というのであれば、問題ないですが、手元に置いておくリスクを考えると・・・

 

以前、現金勘定が1,000万円なっているのを見たことがあります。手元にもある訳ないので、その理由を社長に聞くと、「ちょっと家で必要になって・・・」と説明されました。もうそれ以上、立ち入るのは危険と判断し、流しました。このケースは、完全に公私混同していて、社長への貸付になります。これは銀行や税務署対策としても問題ありです。

融資を受けられない場合も出てきますので、注意しましょう。

 

現金勘定が「マイナス」の場合は、問題になることは無く、役員借入金や事業主借と相殺すれば、済んでしまいます。

キャッシュレスを目指す

私は基本的にカードで払えるなら、カードで払っています。

念のため、常に現金は持ち歩いています。

カードで払っておけば、レシートを紛失しても、カード明細や連携しているマネーフォワードで追跡できます。

記録が残るので、利用状況を把握しやすいです。

カードで支払った場合の経理処理も、

フリーランスであれば、「事業主借」

法人であれば「役員借入金」

として処理します。

人情として現金で支払いたいときもある

カードやICカードで支払えるお店が増えてきました。

カードによりポイントが貯まりますし。

それでも知り合いがやっている飲食店では、カード手数料などを考えて、現金で払いたいなあと思うことも。

そういったときは、現金で払います。

最終的には「人」!となるのでしょうか。

翻って、税理士業に於いても「この人なら」と思って頂くのがベストなのでしょう。

 

【編集後記】

暑い日が続き、子供たちの起床時間に変化が。GW前までは5:40くらいでしたが、今日は7:00でした。暑くなり疲れもあるのでしょう。

経理方法、クラウド会計カテゴリの最新記事