子供の成長と共に自宅が狭くなるときの選択肢

独立・仕事観
スポンサーリンク
Pocket

「広い家っていいな~」と思ったりしますが、子供たちが大きくなって、家を出てしまえば広い家ってムダに広くなるんだろうなと思います。

2020年6月時点で、子供たちはそろそろ7歳、4歳になります。
あと5~6年もすれば子供たちの体も大きくなって自宅が狭く感じるでしょうし、子供部屋も用意したら、親のスペースがなくなるのかなと思ってしまいます。

スポンサーリンク

事務所を借りる選択肢

現状、3LDKの一室を使って仕事していますが、子供たちが大きなる5~6年後に事務所借りても良いなとは考えています。
ただ、今のところ自宅事務所が快適なので(すぐ寝れる、すぐ食べれるなど)、自宅から近い賃貸マンションを借りれば安く済みます。

良い場所に事務所が欲しいわけでもなく、お客様を呼ぶわけではないので、私が仕事する空間としての事務所です。

子供たちが中学、高校、大学卒業まで自宅にいて、その後家を出ていくなら、自宅が狭いと感じるのは、今から15~18年後くらいまででしょうか。その後の自分たちの生活のほうが長いですしね。

戸建てとういう選択肢

私や子供たちのライフステージに合わせて居住する場所を変えられる選択肢をもっておきたいですね。

戸建てにするのもありでしょうし、今の自宅マンションを賃貸にして地方に行っても良いでしょうし。

戸建てで自宅事務所も今と変わらずに仕事できそうです。
ただ、広い家は良さそうですが、広すぎても掃除や管理がめんどくさそうですね。
戸建てになるとマンションよりは広くなりそうですし。

また、マンションのゴミ出しも便利で慣れてしまっているので、その辺りがどうなのか・・

地方に行く選択肢

今の自宅マンションを残しておき、地方に移住するのもあるかも知れません。季節ごとに移住しても楽しいでしょう。
いわゆるデュアルライフです。

税理士の2か所事務所問題もあり簡単ではないかもしれません。

自分たちの老後を考えると東京の方が便は良いのかなと思ったりもします。

最後に

戸建てや地方というのは、完全に妄想の領域です・・!
ただ、雇われていないので主体的に決めることができる状況なので、お金やそのときのライフステージによって、生活する場所を考えていきたいですね。

ずっと雇われていないことが前提ですが・・
勝手に妄想するのがタダです。

 

タイトルとURLをコピーしました