無料相談やらない理由

独立・考えてること
Pocket

無料相談はやっていません。
以前、単発相談でその後のフォローが延々と続てしまったときに”無料相談になっています”という旨を伝えましたが、いろいろな感情がこみ上げてきました。

 

どうしても知りたいことには、それだけの価値があるから

私自身、無料で聞くことに抵抗があります。

・書籍(お金を払って購入)
・ネット(無料)
・YouTube(無料)
と色々、無料に近い形で調べることはできます。

書籍は、専門書は高いですが1万円を超える専門書は少ないと感じます。

 

どうしても知りたいことは、それだけの価値があるのでしょうから、そこにお金はケチりたくありません。

「こういうこと知りたいな~」と思ったセミナーがあれば参加や音声教材を購入しますし、書籍も買っています。

 

他のお客様に申し訳ないから

無料相談をしてしまったら、他のお客様に申し訳ないと感じてしまいます。

無料相談をしている事務所もあるので、そちらに行って頂くしかないです。

・磯俣がいい
・磯俣でもいい(悪くない)
と縁あって契約してくださった方からはお金を頂きつつ、無料相談はできません。

税務署や市区町村の行政サービスがあるから

どうしても無料にこだわるなら、税務署や市区町村の行政サービスがあります。

そのための税金でもあるでしょう。

税務署の無料電話相談センターという手段もあります。

私たち税理士は、士業でありながらもビジネス的要素も持ち合わせています。

奉仕の考えはありますが、どこまで踏み入れるのかは人それぞれです。

 

バックエンドの商品がないから

不動産、保険などはバックエンド商品が高額です。

そういった業種であれば無料の意味はありますが、労働集約型、知識労働型ではバックエンド商品は作りにくいと感じます。

顧問料をバックエンドにして「会社設立の手数料は無料」とうたっている事務所もありますが・・

無料の下で苦しむ人がいるから

私が無料相談をしない理由と直接関係あるのか分からないですが・・

むしろ、私がお願いするときの話でしょうか。

無料や低価格で仕事を請け負うということは、そこで働いている人を苦しめることにも繋がると考えています。

適正な報酬や給料が支払われていない可能性があります。

そういうった状況の片棒を担ぎたくはありません。

 

タイトルとURLをコピーしました