企業経理の面接で離職率以外に確認すべきこと

企業経理の面接で離職率以外に確認すべきこと
Pocket

会計事務所業界の友人から「企業経理は離職率低いから良いよね~」と言われたことがあります。上場子会社で離職率も低かったのは確かですが、離職率の高い・低いだけで良い悪いを判断しきれない側面があります。転職時の面接などで確認しておく項目を書いていきます。

企業経理の離職率は低い

会計事務所業界の離職率は高いと感じます。

一方で、企業経理の離職率は低いでしょう。私が在籍していた上場子会社も低かったです。

面接時に離職率について質問したことがあります。

面接官は答えてくれましたが、「その質問の意図はどういうことでしょうか?」と質問を逆に受けました。

会計事務所業界の離職率や周辺事情のことを話しました。

企業経理の方は、会計事務所業界のことをそれほど深く理解していないので、新鮮だったのでしょう。

企業経理の方の勘違いで「そういうふうに思われてるのか~」と面白かったのは、

・会計事務所の人は全員が有資格者

・有資格者ゆえに給料が高い

ということでした。。。

んなわけない!

 

給料面

上場子会社だったからということもあり、給与テーブルみたいのは決まってました。

数年後に昇格して、それから数年後にまた昇格して、みたいのが見えます。

転職時の年齢や前職の給与水準を勘案しながら、給料は決まります。

転職時の給与は、会計事務所と同等でしたが1年後には上回りました。

年収は同等ですが、残業時間、通勤時間、ストレスが大幅に減ったのでむしろプラスに感じていました。

子供と過ごす時間も増えましたし。

 

年齢構成、若手採用しているか

私は当初、離職率を気にしすぎていました。

離職率や給料よりも年齢構成のバランスや若手を採用しているか、のほうが大切だと感じます。

(特に会計事務所業界からの転職ならば、離職率は気にするほどのことでないでしょうし、給料も会計事務所業界よりも良いでしょう。)

 

平均年齢が若すぎると、

イケイケの会社

勢いはある

けど、会社の方針とかについていけない人が辞めてくのかな・・・

とか、

平均年齢が高いと、

傾斜産業だろうな

若い人から辞めていく何かしらの問題がありそう

若手の採用してるのかな

 

面接時に年齢構成を質問してみると、いろいろと問題や課題が分かるかもしれません。

私は離職率を気にするあまり、年齢構成や若手採用をノーケアでした。

完璧な職場なんてものは、あり得ないでしょうから線引きが必要となります。

一つの側面に焦点を当てすぎると、他のことが抜けてしまいますので、注意しましょう。

何かしらの判断材料にしていただければ幸いです。

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

【関連:転職時に過去の在籍期間が短いことの説明

【関連:会計事務所業界から経理へ転職することへの不安

 

【編集後記】

横浜にある金沢動物円にて。

こんなに近くでカンガルーを見ることができました。

 

 

経理 転職カテゴリの最新記事