フリーランスがfreeeアプリを使ってレシート入力

フリーランスがfreeeアプリを使ってレシート入力
Pocket

地味に面倒な領収書入力ですが、溜るとさらに面倒なことに。

毎日やるのか、1週間ごとにやるのか、1か月ごと・・・1年分まとめて??

経費のレシート入力

経費のレシート入力は、溜る前に記録しましょう。

何に、いつ、使ったのか把握しておきたいからです。

タイムリーに状況を把握しておくと、次のアクションが起こしやすいです。

集計方法としては、ざっとこんな感じでしょうか。

・月ごとにレシートをまとめておいて、月ごと又は1年分をまとめて会計事務所に投げる。

・エクセルで集計する。

・手書きノートに記録する。

どの方法も一旦、紙やエクセルに集計するという工程が入ってしまいます。

そこでfreeeを使って、会計ソフトにダイレクトに入力する方法があります。

freeeアプリを起動してから写真を撮る

アプリ起動後、「レシートの撮影」を選択します。

するとカメラモードになるので、レシートをパシャリと撮影します。

撮った写真が「未登録」に上がってきます。

この領収書をタップして取引登録していきます。

 

科目、金額、口座、備考などを入力していくと完成です。

紙やエクセルを経由させるよりも、手っ取り早いです。

「登録済み」となれば入力完了です。

 

テンプレート取引を登録しておくと、自動で科目を選択してくれる

テンプレート機能をすると、利便性が上がります。

上記の例だと、「取引テンプレート」にスタバと記載されています。

スタバのテンプレートを選択すると、科目は会議費で、プライベート資金で処理すると決めておくことが出来ます。



【編集後記】

としまえんのあじさい祭りへ。BBQも楽しみました!

 

 

経理方法、クラウド会計カテゴリの最新記事