事務所名を印字した返信用封筒は便利

独立・仕事観
スポンサーリンク
Pocket

事務所用封筒は作っていません。
無地の封筒やレターパックで問題ないと考えたからです。
しかし、事務所名と住所を印字した返信用封筒を作成しました。
※写真では住所にモザイクかけてます。

スポンサーリンク

資料を送ってもらうハードルを下げたい

会計事務所あるあるとして「資料が来ないので仕事が進まない」ということが挙げられます。

資料が揃っていれば仕事の半分以上は終わったと感じます。
あとは、自分が仕事を進めるだけですし、自分の時間の使い方次第です。

単に「資料送ってください」だと

「送れって言っても、住所どこだったけ・・?まあ後でいいや。」

となり、そのうち資料の送付を忘れさられてしまうリスクもあります。
そこで住所が印字してある返信用封筒を作ることにしました。
これなら、資料を封筒に入れて、切手を貼って、投函すれば届きます。

料金後納やテープ付にして、更に便利にすることも可能でしたが、際限なくなると考えたので、シンプルな封筒にしました。

返信用封筒を利用してから、資料を早めにもらえる確率が上がったと感じます。
事務所用封筒は作る必要性は感じないですが、返信用封筒を作るメリットはあると考えます。

資料が手元にあればあとは自分次第

資料が手元に来ていれば、あとは自分次第です。
今すぐに仕事に取り掛かってもいいですし、翌日でも問題ありません。

スケジュールも決めやすいですね。
私の手元に資料があれば、ボリュームや不足資料も確認できます。
時間を有効に使うことができます。

資料送ってこない人は、それでも送ってこない

返信用封筒を導入しても、資料を送ってこない方は送ってこないです。
利便性を感じてくださった方は、送って頂けますが。

私の催促が足りないこともあるのでしょうし、難しいですね・・

 

 

タイトルとURLをコピーしました