フルボ酸を継続中。ホテルなど環境が変わっても、しっかり眠れるように

フルボ酸を継続中。ホテルなど環境が変わっても、しっかり眠れるように
Pocket

就寝前に少しフルボ酸を飲み続けたら、寝つきが良くなった

という記事を書きました。それ以降に感じたことを書いてみます。

ホテルでも眠れるようになってきた

枕やベッドが変わると眠りが浅くなるタイプです。(夫婦揃って)

旅行に行くと移動時間もあったりして、それなりに疲れます。

疲れているにもかからず、寝つきが悪く、さらに途中で起きてしまったりすることが多かったですね。枕やベッドがいつもと違うので寝返りをよく打ち、モソモソして眠れない・・・

寝つきが悪い上に、必ずと言って言いほど深夜2時か3時に一度目覚めてしまいます。

そんな私が、、、

家族旅行の際、寝つきは改善されていました。

先に子供を寝かし付けるときに一緒に寝てしまいましたが(10分-15分くらい)、その後ちゃんと眠れました。

深夜3時にやはり目覚めてしまいましたが、トイレに行ったあとスムーズに再び眠ることができました。

(妻も寝つきが良かったようですが、私と同じく深夜に起きてしまったようです。)

試しているのはフルボ酸だけではない

フルボ酸のことを書いていますが、他にも鉄、タンパク質を多めに取り、糖質を控える食生活を実践しています。

あくまでバランスなのかと実感しています。

鉄はサプリで取るようにし、鉄鍋も使ってます。

↑炊飯器に入れる南部鉄器。

タンパク質は、肉、魚、タマゴ、大豆などバランス良く取るようにしました。

【関連:鉄分とタンパク質の摂取量を増やしたら、糖質制限できた

これにより、糖質を欲しがらない体質になってきましたね。

タンパク質を含む食品を買うので食費が上がります。

コンビニでも実感できますが、おにぎりや菓子パンは100円代で購入できますが、最近人気のサラダチキンは300円近くします。

「糖質は安く、タンパク質は高い」というのが実情でしょうか。

健康には代えがたいので、やむなしと考えています。

栄養を摂取するだけでなく運動も

タンパク質を多めに取るのは大切ですが、運動も大切でしょう。

タンパク質摂取→運動・筋トレ→筋肉

という好循環を作ると毎日の調子も良いです。

糖質たっぷりの栄養ドリンク等を飲む必要もなくなりました。

 

ライフカテゴリの最新記事