1年目の確定申告はヒマすぎて辛かった

独立・仕事観
DSC_0731
スポンサーリンク
Pocket

2019年1月に独立しました。
1月に独立してすぐに個人の方の確定申告シーズンでした。
「クラウド会計やブログ経由で問い合わせあるかも」と淡い期待をしていましたが、期待外れに終わりました。
12月決算の法人のお客様はいましたが、個人の確定申告は、ゼロでした。
(厳密には親戚の分をやったり、外注で仕事していたのでそこで確定申告はしています)
私のお客様はゼロということです。

※2018年分確定申告期限の日での個サル参加

スポンサーリンク

勤務しているときのヒマは嬉しい

勤務している時のヒマは嬉しいものでした。
ヒマを作るために、早めに仕事に着手したり、自分なりに効率化していました。
特に独立を意識し始めてからは、仕事が早く終われば、他の税理士の方たちのブログを研究していました。
ブログ始める前にどういった研究していたのか?

ヒマになってやりたいことをするのが楽しみでもありました。

 

独立してからのヒマは精神的にきつい

独立してからは、通勤、会議、関係のない電話対応、所長が話しかけてくる、(ムダ?と思えるような)確認作業だけの仕事などが一切なくなりました。
理論上は、いくらでも仕事できる状況です。

勤務していたときは仕事する能力はあるように思ってましたが、独立すると、やるべき仕事すら無い状態でした・・

独立してすぐは本当にヒマでした。
ヒマな状態が怖くて怖くて、ちょっとぴりついていました。
私自身は無自覚でしたが、妻に指摘されてしまいました。

固定費をかけなかったのと、数か月分のお金を用意していたので「何とかなる・・!」とは思っていましたが、それでも怖いものは怖かったです。

 

意図した時間の空白(ヒマ)を目指して

独立して3カ月してから、友人の税理士からの紹介がありました。
見るに見かねてなのか、信頼してくれたのか・・
そこから、食えるラインまで行けました。

ある程度食えるラインまで来るとヒマは少し嬉しかったりします。

最近になってようやく気付いたのですが、意図した時間の空白(ヒマと言っていいのか分からないですが)は嬉しいものです。
・ちょっと遊びにいく
・平日にジムやサッカーの練習
・家族と旅行
・保育園を早めに迎えに行って家族と過ごす
など。

こういう機会を意図して増やせるようにしていくのが目標ですね。
それには、時間管理、お金の管理が大切かなと考えています。
時間と収入のバランスを目指す生き方をしたいですね。

 

【関連記事】

ブログ始める前にどういった研究していたのか?

独立するタイミングは子供が小学校入学前で良かったと感じる

独立1年目が終わろうとしての振り返り

 

タイトルとURLをコピーしました