会社の上司を見て「出世したくない」気持ちに

独立・仕事観
Pocket

上場子会社では人員的なこともあり、私が独立せずに残っていれば20年後くらいには経理部長になっていたと思います。
会社に残っていたらの”たられば”ですけど。

上司や先輩たちを見ていて昇進するのは大変だろうな・・と感じたことも独立のきっかけです。

仕事ができる上司に仕事が集まり期待されていますが、同時に責任やプレッシャーもかかります。
私は上司の年収をざっくり知っていました。
役職やランクごとに年収が決められていたので。
平均といわれれる年収よりも高かったです。
高いですが、「責任、プレッシャー、残業時間に見合う給料なのかな・・」と感じていました。

一方、期待されずに昇進してしまった上司も惨めです。
昇進しても仕事できないので、会社内での評判は低くく居場所が減ります。
そこで開き直れるくらいの気持ちがあれば問題ないのでしょうけど・・
これはこれで、独立するきっかけにはなりました。
「誰でも数年後にはポスト(昇格)もらえるんだ・・」と。「じゃあ、頑張る意味が薄くなるよな・・」と。
人材価値を考えるとサボる選択肢はないのですが、それでもモチベーションは下がります。

 

 

スポンサーリンク

独立したら出世はない

サラリーマンを続けることは出世するしか「道」がないような気がします。

独立すれば、それぞれのポジションや領域で色を出して存在感を出すことも可能です。

拡大を目指さなくても良いわけです。自分なりの目標数値はありますが。

せっかく独立したので、喜ばれる仕事、貢献できる仕事、経験値になる仕事をバランスよく取っていければ良いなという感じです。

早々、出世という道から外れて良かったと感じています。
ちょっと私には合わなかったです。

 

【関連記事】

どうせ苦労するなら独立して、まともな苦労がしたかった

残業なしで年収500万>残業あり、激務で年収1000万

感謝されつつ直接お金をもらえるのが嬉しい

 

タイトルとURLをコピーしました