領収書じゃないとダメなのか?そんな疑問に答えてみました。

領収書じゃないとダメなのか?そんな疑問に答えてみました。
Pocket

飲食店で「領収書ください」とお願いしているシーンを見ることがありますよね。サラリーマンであれば、社内規定などの関係上、上司から「領収書もらってきて!」となるので仕方ないですが、フリーランスやひとり社長であれば、レシートで大丈夫です。

税法での領収書の取扱い

税法では、書類の保管が求められています。

「書類」には、例えば棚卸表、貸借対照表、損益計算書、注文書、契約書、領収書などがあります。

領収書は、レシートも含みます。

そもそも領収書は、対価を受け取った証拠ですので、手書きの領収書でもレシートでも同じです。

誤解しないで頂きたいのは、あくまで事業に関連する経費の話です。

レシートなら、何でもかんでも経費になならないです。。。

当然、家族旅行は、出張費になりません。

レシートのほうが証跡・証拠がはっきりしている

領収書には「金額」「但し書」が記載されていますが、それ以外の情報が少ないです。

レシートの方が、細かく記載されていますので、証拠能力は高いです。

飲食店のレシートであれば、「人数」「時間」「注文した品目」が記載してあることが多いです。

子連れで飲食した場合に、「お子様セット」があれば、本当に仕事なのか??と疑われてしまいます。

(もちろん仕事上、どうしても子供と一緒に行く必要があった、と説明できれば問題ないでしょうが)

レシートの裏にメモを残しておくと良い

これをやっている人(会社)は、やっています。

飲食費であれば、参加者をメモしておく。

贈答品であれば、誰にあげたのかをメモしておく。

簡潔で良いのでメモしておくと、税務調査での心象が悪くなることはないです。

自分自身の為にもなります。あえて自分という経費のハードルを高くしておくことができます。

メモに残せない=経費にならない、ものを突っ込まなくなるという副次的なメリットもあります。

なんで「領収書」文化が根強いのか

レシートだと宛名が記載されていません。

プライベートの経費なのか判断つかないので、宛名が記載してもらえる領収書を会社に提出することをルール化している、というのが領収書が無くならない理由なのかなと。

よく「お客さんと飲んでると、領収書もらうの忘れちゃうんだよね」という相談がありました。

会社のルールで”領収書”としているので、一筆もらったりムダとも思える労力を費やしていました。

領収書文化が無くなる日は、来るのでしょうか・・・

レシートにも印紙

現金で5万以上のレシートにも印紙を貼ります。

 

【編集後記】

デュアルディスプレイを購入し、後日届きます!

【ロシアワールドカップ】

コロンビアに2-1と勝利!

気になる試合は録画してますが、全て見きれてません・・・

フリーランス・一人社長の税金カテゴリの最新記事