仕事を次の仕事に繋げるのが難しくてもやりがいがあるのかも

ブログ、YouTube
スポンサーリンク
Pocket

とある仕事の依頼を頂き、仕事をしてお金を頂きました。
ネットに出ている情報の少ないので、経験を含めてブログに書いてみると、それが次の依頼につながったことがあります。

仕事が仕事につながった感覚があります。
その仕事は、RSUの確定申告です。
RSU(譲渡制限付き株式)の確定申告

ブログのPVよりもアクセスされたキーワードを意識するようになりました(いまさら・・?)
ブログ始めたころは、とにかくアクセス数が気になっていましたが、最近はPVを確認する回数は極端に減りました。

以前は、
・PVが気になる
・税理士ブログ
だからという理由で税務や会計について書こうと決めており、特に「〇〇は経費になるのか?」というような記事を多めに書いていました。
割と書きやすい、よく質問されるから書きやすかったですしね。

そのため、アナリティクスを見てみると
「〇〇 経費」
「✖✖ 会計処理」
のようなキーワードが上位を占めていました。

もちろん、そういった記事を多めに書いていたので、今もそういったキーワードでブログを訪れてくださる方が多のは確かです。

誰かのお役に立てれば良い部分もあります。
通夜・葬式へ参列するための交通費は、交際費に該当
という記事を書いたら、友人から冷やかしも含めて「参考になりましたー」と連絡がありました・・!

仕事を取るためにブログを始めたことも事実です。
上記のRSUの記事を書いて、単発相談や確定申告メニューを掲載しました。
メニューを出してすぐにお問い合わせが来るものではなかったですが、ぽつぽつとご依頼がありました。

このような経験を初めてみて、発信をして反応が多いものを更に出していくのが良いのかなという考えに至りました。
これが難しくもありますが、独立した醍醐味でもあるように感じます。

タイトルとURLをコピーしました