個人事業主(フリーランス)が現金主義から発生主義に変える方法

個人事業主(フリーランス)が現金主義から発生主義に変える方法
Pocket

青色申告の要件に「発生主義」があります。現金のやり取りが発生してなくても、売上や仕入を計上することになります。いわゆる掛け取引です。売掛金、買掛金というやつです。確かに現金主義のほうが馴染みやすいのは確かです。現金主義のイメージは、家計簿やお小遣い帳です。現金主義で日々経理しつつ、確定申告で発生主義に修正する方法を紹介したいと思います。

現金主義と発生主義

売上を例にすると現金が入ってきた時点で売上とします。

現金商売であれば、この処理で大丈夫です。

クレジットカードが使える飲食店は、カード会社からの入金時点で売上とせ、ずカードを切った時点での売上となります。

現金主義は経理が簡単に感じられます。

ですが入金遅延を把握できないリスクもあります。

先の例では、入金時点で売上とすると、入金されるまで経理しないことになります。

万一、入金されない事態が発生すると気づくのが遅くなるか、最悪気づけません。

将来的には日々、発生主義で経理することが理想でしょう。

 

10万円控除と65万円控除

青色申告のメリットのひとつに、利益から65万円控除or10万円控除できる制度があります。

これを”青色申告申告特別控除”といいます。

現金が出て行かなないにもかかわらず、利益から65万円or10万円を引くことができるのです。

要件は、きちんと帳簿をつけていること。

・現金主義での帳簿⇒10万円控除

・発生主義での帳簿⇒65万円控除

となります。

 

日々の経理を現金主義としつつ、確定申告で発生主義にする方法

日々の取引を現金主義で記録し、期末日(フリーランスは12月31日)で発生主義を導入すれば、発生主義の要件はクリアできます。

期末日に売上、仕入、経費を発生主義に基づいて経理します。

翌月(翌年)に入出金される売上、仕入、経費を今年の売上、仕入、経費として計上します。

①売掛金/売上

②仕入/買掛金

③経費/未払金

と処理します。

翌年も日々現金主義で経理したい場合は、翌年に上記①から③の処理の逆をします。

①´売上/売掛金

②´買掛金/仕入

③´未払金/経費

と処理します。

発生主義でこのような処理をしているフリーランスも多いです。

ちなみに、会社(法人)でも一部このような処理をしているところもありましたね。

 

【編集後記】

3年ぶりに歯医者でクリーニングをしました。ついでに歯ぎしり用のマウスピースも作りました。

歯医者に行く時間ないときは、これを使ってました!

 

【育児日記】

兄:実家にあるスケボーを乗って転んでいましたが、負けずに挑戦していました!

妹:節分が終わったものの「オニが来るかも」と言うと静かになります。そのうち使えなくなる手でしょうけども。


<サービスメニュー>
税務顧問サービス
メール相談
単発の決算・確定申告のご依頼
単発相談のご依頼
プロフィール

経理方法、クラウド会計カテゴリの最新記事