人生で大きなイベントは、親に事後報告でした

人生で大きなイベントは、親に事後報告でした
Pocket

30数年過ごしてきて人生で大きな選択は、「妊娠・結婚」と「独立」でした。
どちらも親には事後報告でした・・
妊娠はどうしたって事後報告にならざるを得ないとは思いますが・・

※出産立会カード

妊娠・出産

妻と付き合ってはじめ、結婚前の妊娠でした。
元から「結婚しよう!」と言ってはいましたが、結婚前に妊娠しました。

そのことを自分の親に言いにくかったですね。
当時26歳だったので今さら怒られるとかはないですが、「心配させるかなぁ~・・」と。

両親が飲みに行って帰宅したところで、話しました。
父は酔っぱらって先に寝ていたので、母に話しました。
「実は・・子供ができました」と。
その晩、母は色々と心配で眠れなかったようです。

とはいえ、妻側の家族も初孫を喜んでいたので事なきを得ず・・!といったとことでしょう。

引っ越し(お互い実家暮らしだったので)、結婚式、出産のイベントが一気に押し寄せた時期でした。

 

独立

独立も言えなかったです。
心配かけるかな・・と。
親は三菱商事子会社のほうが安定しているから、独立は心配するでしょうし。
売上が上がってから報告しよう、と決めていました。

独立直後の1月、2月は平日の昼にばったり出くわすのがイヤでキョロキョロしてました(笑)
今もスーパーとかでも、たまに会うので・・

1月は妻の誕生日で、ケーキを買いに行く途中でばったり会ってしまいました。
母「どうしたの?」
私「(焦りながら・・)今日は〇〇(妻の名前)の誕生日だからさ、ゆ、ゆ、有給だよ・・」

会いたくないな~と思うと会っちゃうものですね(笑)

その後、売上がある程度上がってから「独立するわ!」とさらっと報告しました。
やはり心配されましたが、私としては売先のメドや実績があったので自信をもって報告できました。
心配するのは母で、もっぱら父は「周作がやりたいなら、やればいいじゃない!」と背中を押してくれました。
勤務時代から副業で仕事を取れれば、こんな面倒な苦労する必要も無かったですが、そこまで器用に営業活動できず。

副業で税理士業をするにはハードル高いと感じた(私の感覚)

妻にも気苦労かけてしまいましたね・・
母とちょこちょこ顔を会わせていたのに、本当のことを言なかったので。

 

まとめ

実家に近いので両親と会う頻度は高いです、わりと会話している親子だとは思います。
けど、妊娠・独立の件は、伝えにくかったです。
ただ、結果オーライになるように行動してきたつもりです。

今後も、自分の望む方向に動き続けていこうかなという気持ちです!

 

【関連記事】

独立前から先輩事務所でバイト(外注)として仕事をしていた

副業で税理士業をするにはハードル高いと感じた(私の感覚)

独立前はスマホ2台持ちを考えていたが止めた理由

 

ライフカテゴリの最新記事