ラキュー(LaQ)で遊んで集中力もアップ

ラキュー(LaQ)で遊んで集中力もアップ
Pocket

上の男の子がラキュー(LaQ)にはまっています。
朝早く起きて作って、
保育園から帰宅してからごはんまで作って、
お風呂上りに寝るまで作ったり、
とラキュー尽くしです!

きっかけは保育園にあったから

ラキューにはまったきっかけは保育園にあったからです。
1年くらい前に、ラキューの存在を知りました。
当時、息子の発音が「ラッキュー」と聞こえて、食べ物みたいだな・・とは思いました(笑)

当時は説明書を完全無視して、自己創作のものばかり作っていました。
あるとき、説明書通りに作る楽しさに目覚めたようです。
説明書通りに一度作ってから、アレンジも加えています。

説明書通りに作る楽しさもあり、アレンジも楽しめるようになってきました。

集中している姿が頼もしい

図面を見ながら集中している息子の顔に成長を感じます。
先日は、飲まず食わずで90分ほど集中していました。
完成すると「あっ!トイレ!トイレ!」とトイレに駆け込んでいました。

トイレを忘れるほど没頭していたのでしょう。
幼児期に何かに没頭する機会があって親として嬉しいです。

私が6歳くらいのときは、レゴ、砂場遊び、穴堀りだったと記憶しています。
何のためかわかりませんが大人の腰近くまで、ひたすら掘っていたようです(笑)

難しいものから挑戦するみたいです(笑)

購入すると、簡単なものから難しいものまで作れます。
息子はあえて一番難しいものから挑戦する性格です。
理由を聞くと「だって一番難しいのができれば、あとはすぐにできるから!」というもの。

👆こちらを購入すると、一番難しいのはティラノサウルスです。

ティラノサウルスを40分くらいで作っていました。
作り終えると観賞用として、しばらく飾っています。
そのうちほかの作品を作るのにピースが足りなくってくると、ティラノサウルスも解体されるでしょう。

進め方はそれぞれだなぁと感じます。
私は簡単なものからやっていくスタイルです。
簡単なものをやっていくうちに、自信がついたりエンジンがかかってくるタイプです。

税理士試験でもそうでした。
とにかく出来るところを確実に得点していました。

仕事でもそうかもしれませんね。
ひとまず、手を動かして頭や体が温まってくるようなルーティンを一日の始まりにしたりしています。

女子向け?のラキューもある

恐竜、昆虫、乗り物、ロボットなど男の子向けのイメージがあるラキューです。
数は少ないですが、女子っぽい感じのラキューもありました。

ハンバーガーのラキューです。
ちなみに、キャラクターコラボのようなラキューは無いです。
ディズニーやキティちゃんとコラボしたらウケは良いかもしれませんが、その分値段に反映されるかもしれないですが・・(笑)

👇昆虫にはまってるなら、危険生物も!

【関連記事】

子供の「できた!」を大切にしたい

トヨタマヴィラ「子供ピッツァ教室」でピザ作り体験

子供との思い出もグーグルカレンダーに入れておく

 

ライフカテゴリの最新記事