会計事務所から経理への面接でやらかしたこと【失敗事例】

会計事務所から経理への面接でやらかしたこと【失敗事例】
Pocket

ブログやってるとトレンドも分かって楽しいです。というのは、3/15までは確定申告関係のネタ(多くないですが)が読まれていましたが、確定申告業務が終わると転職ネタが多く読まれています!でも、その気持ちすごく分かります!私も会計事務所から経理への転職を考えるきっかけになったのは、確定申告でしたから。当時「5月申告が終わったら動き始めよう」と決めていました。そして5月申告が終わる直前に転職サイトに登録し、6月7月の暑い中、転職活動していました。今回は、面接時に良くかなったな・・という失敗について書いてみます。

ちょっと後ろ向きな質問だったかな?

システム関係の話題になったときに、

面接に出てきた経理の方(年齢、役職高め)からの説明によると、「うちのシステムは独特で、営業システムと経理システムがうまく連動してないんですよね・・(その後も色々と説明が続く)」

と説明されました。

会計事務所にいる方は、システムやソフトと言われると、「会計ソフト」のことしか頭に浮かびません。

「は、はぁ・・」と説明を聞きながらも、不安だけが残りました。

・「大変なんですか?(みたいなニュアンス)」

・「めんどくさくないですか?(みたいなニュアンス)」

質問してしましました。

これが良くなかったと感じます。

凄い後ろ向きなヤツ!!

と思われても仕方ない聞き方をしていまいました。

後ろ向きな人を採用したがる企業はいないので、当然ですね。

 

システムなんて、入社すれば全社員が使っているので、難しく考える必要はありません。

もちろんシステムに詳しいに越したことはないでしょうが。

ちょっとビビりすぎましたね。

 

小論文的な対策をまったくしていなかった

私は新卒で就職活動してないので、グループディスカッションやらSPI試験の対策はやったことないです。

会計事務所から経理に転職を考えているのであれば、書店にいって新卒の方が購入するような書籍を一読しても良いかもしれません。

特に小論文は、サラッとでも見ておいたほうが良いでしょう。

私はいきなり、小論文出されて結構焦りました。

(この小論文やらせる意味あるのか・・?みたいに悪態つきながら。そりゃ落ちますね)

会計事務所にいると文章を書く経験は、無かったです。

文章を書くといえば、税理士試験の理論くらいでした。

なので、小論文も税理士試験の理論みたいな書き方してしまいましたね。

 

上場系の経理に行くと文章を書くことが増えるかと。

社内文章や報告書を書く機会が増えました。

実際、三菱商事の人たちは文章を書く能力高かったです。

彼らが書いた文章を読むと勉強になりました。

三菱商事入社時から、そういう教育を受けているようです。

【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

【編集後記】

土日は、特に予定もなく近所でゆっくりと過ごしました。

ランチにて。日差しが気持ち良く春を感じさせてくれます。

【育児日記】

兄:今の流行は、YouTube見ながら、あやとりです。3歳くらまでは体を動かすことが好きだったので、こういう遊びにも興味を示すのかと、私が驚いています。

妹:コンビニがあると「コンビニいきたい」というので行ってみると、お菓子コーナーまで連れていかれました。買いませんでしたが(笑)


<サービスメニュー>
磯俣周作のプロフィール
‣税務顧問サービス  
‣ライトプラン税務顧問
‣クラウド会計導入コンサル
‣年1決算・確定申告サービス
‣単発相談のご依頼

企業内税理士カテゴリの最新記事